返金保証・コロナ禍での対応

 

目次

2020年3月、フィリピン留学・語学学校のコロナ禍での対応について

2019年末に中国で発生した新型コロナが発生しました。そして、2020年3月、当職(樫原)は打合せの為に日本に帰国しておりました。

2020年2月20日頃に韓国大邱市(Taegu-city)を中心として新型コロナのパンデミックが起きました。医療が比較的進んでいる韓国で猛威を振るうので相当な感染力があるのだろうと判断し、学生向けの春休み留学プランを関係各所と話し合い2月22日に中止を決定いたしました。

韓国でのパンデミック発生にも関わらず、セブ島やバギオにある英語学校が受け入れを続けました。

2020年2月、フィリピンでのロックダウンが予想されたにも関わらず、受け入れを続けた語学学校の1つ、QQ English

この動画は下記のツイートで今も確認出来ます。

その結果として多数の帰国難民や返金トラブルを生みました。

2020年3月のNHKの報道

2020年3月に多数の帰国難民や返金トラブルという問題を生んだセブの英語学校は、天変地異や不可抗力などとおっしゃられますが、ある程度はリスクを予期できたのではないでしょうか。

全く予期できなかったらば逆に感性を疑います。若しくは確信犯でしょうか。

また一部の学校でしょうが不適切な対応をされたことは残念に思いますし、且つ再開にあたり過去の返金トラブルについては触れずに返金保証を謳う業者様については如何なものかと思います。

日系語学学校のQQ Englishでの被害が特に大きかったようです。

https://twitter.com/tarochi_0224/status/1240422226173648896
https://twitter.com/scandalmusicba/status/1278995522087317504
https://twitter.com/kasoushachou/status/1270698912865595393
集団訴訟への対応か、「新型コロナウイルス、フィリピンが安全な理由」の動画も含めてQQEnglish 藤岡頼光チャンネルの動画が全て削除された。

日系語学学校のQQ Englishはその後も違法営業で地元市長に摘発されていました。

QQ Englishはその後(2020年4月1日)、コロナ禍にも関わらず違法営業をしていたために、地元市長の摘発を受けていました。

https://twitter.com/chilichilihot/status/1245265546653732864
https://twitter.com/scandalmusicba/status/1282263845906444289

QQ Englishの違法営業・返金トラブルは大手メディアにも取り上げられました。

須藤元気・参議院議員が校長を務める英会話学校(QQ English)で「未払い」発生中か コロナ蔓延でも違法営業を続け市長が学校に乗り込むという騒動に発展! ※魚拓

コロナウィルス渦中なのに英会話学校が未だ営業中 校長の須藤元気議員の事務所に電凸したらキレられました ※魚拓

地元メディアのニュースでも報道されました。

Lapu ESL school closed for violating ECQ protocol ※魚拓 ※(日本語訳)ラプラプ市、ESLスクール(QQ English)、ECQプロトコル(新型コロナウイルス規制)違反で閉鎖

バックワイズ代表・樫原の当時の対応

私共は返金することを予期し、支払い手数料がかかるクレジットカードではなく当時は銀行振込で授業料の受け取りをしていました。そして、社会人様中心にお預かりしていた授業料や入学金を遅延することなく2020年4月15日までに全額返金致しました。

そのことは様々なウェブサイトで紹介されています。

他校様の事をとやかく言うのは本意ではありませんが、授業料に関しては留学保険や旅行保険でカバーすることは難しく、過去にトラブルを起こした英語学校や留学エージェントととのお取引は慎重を期すことをお勧めいたします。

フィリピンの生活情報誌 | ナビマ...
コロナ禍を越えて フィリピンで英語を学ぶ。 コロナ禍によるロックダウンで混乱した語学留学先としてのフィリピン。コロナ禍を経て考えるべき後悔しない学校、エージェント選びとは。マニラケソン英語学校協会の樫原貴...

2022年夏、バックワイズ開始に伴う新型コロナウイルス発生時の返金対応に関して

コロナ等の感染症で当局の指示により学べなくなった場合やフィリピンにコロナ陽性で来れなくなったり、日本への帰国を余儀なくされた場合は残額全額返金保証いたします。

その場合はVISA延長費用やSSP(特別就学許可)等の法定費用も申請前でしたら全額お返しいたしまし、コロナに懸かってしまい渡比出来ない又は対面授業を禁止されて帰国せざるを得ない場合は下記のように対応致します。

また天災(台風等)により授業が提供できない場合にも下記の条件で対応致します。

  1. 御申し出より2週間以内に残期間を日割りで全額返金致します。
  2. 返金の際の振込手数料は当方で負担いたします
  3. 渡比前にコロナにかかり留学を止めた場合は入学金を含めて全額返金致します。
  4. 渡比前にコロナにかかり留学金を短縮した場合は差額を全額返金致します。また、日程変更される場合も無料で応じます。
  5. 現地で当局の指示で授業を提供出来なくなり帰国せざるを得ない場合は残期間を日割りで全額返金致します。
  6. 生徒様都合での入寮後のキャンセルは4週目以降の残期間の80%を返金致します。

留学費用の支払いのタイミングに関して

申込み時に手付金5万円※をお支払いいただきます。残りの留学費用は留学開始の1ヶ月前にお支払いいただきます。

※日本にいる間にオンラインレッスンを1回行うため、その授業料も含まれています。

またバックワイズはフィリピン留学出発前、日本にいる間に事前学習のオンラインレッスンを1回提供します。そのため、最初にお支払いいただく留学手付金の5万円に関しては、オンラインレッスン提供後の返金は有りません。

目次