【人口爆発】フィリピンの人口増加と人口問題について

人口減少の進む日本とは逆に、フィリピンでは人口が急激に増え続けています。

この記事ではフィリピンの人口増加について紹介いたします。

今後の人口予測、年齢構成や平均年齢などデータをもとに解説をいたします。

また人口が急激に増加するとどのようなことが起こるのかについて、利点と問題点を書きます。

目次

フィリピンの人口は1億人を突破。急激に増え続ける人口

2020年時点でフィリピンの人口は約1億903万人程度。日本に次ぐ世界第12位です。

人口減少が進む日本とは逆に、フィリピンの人口は急激に増加しており、2025年から2030年の間には日本の人口を抜くことが予想されています。

フィリピンの人口増加率は年間1.69%と非常に高く、2015年から2022年までの5年間ではフィリピンの人口は約805万人増加しました。

この800万人増とは、日本で例えると愛知県や埼玉県の人口が新たに増加したことを意味します。

2000年のフィリピンの人口が7,600万人だったことを考えると、この20年で約3,000万人を超える増加があったことになります。

3,000万人というとオーストラリアとニュージーランドの人口を足した程度の数となりますので、いかにフィリピンの人口が急激に増加しているかがわかります。

またフィリピンには、出産年齢(15歳から49歳)の女性が約2,800万人います。

このためフィリピンの人口増加は今後も続き、2100年までは人口増加傾向が予測されています。

(映画)マザーランド 世界一いそがしい産科病院

フィリピンの人口増加を象徴する映画として「マザーランド 世界一いそがしい産科病院」という映画も公開されています。

マザーランド 世界一いそがしい産科病院

マザーランド 世界一いそがしい産科病院

ここは地球上で最も忙しい産科病院のひとつ、「Dr.ホセ ファベラ記念病院」。1日平均で60人が誕生し、ピーク時には24時間以内に100人もの赤ちゃんが生まれるという。その病院の内部を自由に撮影したドキュメンタリーは、母親たちのありのままの姿を記録している。

フィリピンの人口ピラミッドは綺麗な三角形。平均年齢はなんと24.3歳!

フィリピンの人口ピラミッドは綺麗な三角形です。

フィリピンの人口ピラミッド

そのため若年層の人口が多く、フィリピン人の平均年齢は24.1歳です(⇔日本の平均年齢は48.6歳です。親子でもおかしく無い年齢差ですね)。

(参考)Average Age by Country 2023

フィリピンの人口ピラミッドを見ると、下に行くほど人口が増えていることがわかります。

0-4歳が一番人口が多く全体の10.5%を占めています。これは1世代230万人程度で、日本の団塊の世代と同じくらいの数の人口です。

現在の日本の新生児は年間100万人を切っていますので、フィリピンでは日本の二倍以上の新生児が生まれているということになります。

さらに1世代200万人以上の新生児が今後も30年以上に渡って増え続けると予測されています。

上記は2050年のフィリピンの人口ピラミッドの予測ですが、現在の日本の壺型のような形(下記の図)ではなく、まだ釣り鐘型のような形で、高齢化は進行していないことがわかります。

日本の人口ピラミッド

人口増加が支えるフィリピンの経済成長

フィリピンの人口増加はフィリピン経済にも大きく寄与しています。フィリピンの経済成長率はこの数年は6-7%で推移しており、ASEAN諸国の中でも高い成長率です。

フィリピン経済の約60%はサービス業で占められており、潤沢な労働力で経済を支えています。

それを示すように、マニラやセブなどの大都市圏には巨大なショッピングモールがあり、レストランやショッピングで賑わっています。

フィリピンで人気のジョリビー。映画「閃光のハサウェイ」でも登場

豊富な労働力の供給があり安い人件費と英語を活かした産業も盛んです。

とくにコールセンターを中心とするBPO産業はインドを抜き、世界一の規模を誇るフィリピンの重要産業です。

格安フィリピン留学のように安い英語留学ができるのも、このようなフィリピンの人口増加が背景にあります。

フィリピンの人口爆発問題。校舎が足りず、1つの校舎に2つの学校が共存する現状

その中でも的確にフィリピンの人口爆発問題を表しているのが、フィリピンの公立学校の現状です。

ここではセブ市のプンタプリンセサ小学校の事例から、フィリピンの人口増加問題の一端をお見せします。

セブ市にあるプンタプリンセサ小学校では、1年生から12年生まで2,500名以上の生徒が学んでいます。

ただし、これは1年生から12年生なので日本の小学校と同じ6年生として考えた場合は1,200名となります。

1,200名でも、日本と比べるとかなりの大規模校なのですが、セブ市で一番大きい小学校は、12年生までで7,000名を超えるそうです。

目眩のするほどの人数ですが、最も驚くのは、この小学校は昼だけではなく、夜も授業を行なっていることです。

つまり生徒数が多すぎるため、現状の校舎では足らず朝の部と夜の部の2回に分けて学校が運営されているのです。

そのため授業は午前に終了となり、午後からは同じ学校の校舎を別の学生が利用します。この学校の二交代制を採用している学校がフィリピンの中ではたくさんあります。

このように人口が急激に増えすぎるあまり、そもそも学校の建物自体が足らないという状況がフィリピンでは起きているのです。

一人当たりの豊かさを実現していくためには、生徒ひとりひとりの教育水準を高めていく必要がありますが、現在のフィリピンではそれがまだ十分には実現できていないと言えるでしょう。

人口爆発問題。都市の過密化は今後もさらに深刻化する

フィリピンの1キロ平方メートルあたりの人口は、1990年には202人だったのが、2016年には347人になり、急速に人口密度が高まっています。

とくに都市圏での人口密度は非常に高く、交通渋滞なども問題となっています。

首都マニラの交通渋滞

マニラでは交通渋滞があまりにもひどいため、ナンバーコーディング・システムという交通規制が導入されています。

これは車のナンバープレートの最後の数字が奇数か偶数かによって、その車を運転できる日が定めれるというものです。

しかし、フィリピンの都市の人口比率は現在、約48%程度ですので、今後も都市への人口増加が続くことは間違いないでしょう。

そのためフィリピンでは都市圏の開発が重要な課題となっています。

フィリピンの人口爆発問題。人口抑制政策が実行しにくい文化背景

当然ながらフィリピン政府も人口増加問題を懸念しています。

人口抑制法が2012年に成立し、貧困層への避妊具の配布や学校での性教育を実施しています。

しかし、国民の8割以上が信仰するカトリックが人口抑制政策の実施を困難にしている面があります。

フィリピンのカトリック協会では、避妊も中絶と同じであると強く反発しています。

またフィリピン人には大家族主義という考え方があり、子沢山が幸せという価値観が根付いています。そのため人口抑制に対する感情的な反発を覚える人も少なからずいます。

日本の隣国であるフィリピンの現状を少しでも知っていただければと思い、急速に増加するフィリピンの人口について書きました。

フィリピンに興味が出た方は、現地の現状を知りつつ、フィリピン留学で英語を学んでみるのはいかがでしょうか。

コロナ禍を日本より一足先に終えて、フィリピン留学で学ぶ韓国人学生たち。

語学学校バックワイズへのお問い合わせ・お申し込み

語学学校バックワイズへ留学されることを希望される方はLINE、メール、オンライン説明会/対面説明会、いずれかよりお問い合わせ・お申し込みください。

LINEでのお問い合わせ/お申し込み

LINEでは下記よりお問い合わせください。代表の樫原が迅速に対応致します。

ID:@oqr4010l

メールでのお問い合わせ/お申し込み

メールでのお問い合わせは下記リンク先記事のメールフォーム(リンク先ページの下段)よりご連絡ください。

MQESA
お問い合わせ・お申込み | MQESA 留学のお申込みやご質問は、LINEまたはメールフォームよりご連絡ください。 公式LINEでお問い合わせ ID:@oqr4010l LINE登録 ID検索の場合は、下記の手順で登録できます。 ...

オンライン説明会/対面説明会へのお申し込み

まとまった時間を使ってより詳しく語学学校バックワイズについて知りたい方向けにオンライン説明会/対面説明会を実施しております。

対面説明会は関西(大阪・東梅田、京都・四条烏丸、神戸・三宮)で定期的に行っております。関東での実施を希望される場合にはLINEかメールで個別にお問い合わせ下さい。

あわせて読みたい
オンライン留学説明会 語学学校バックワイズの説明会/相談会への参加を希望される場合には、下記の予約システムよりお申し込みください。1営業日中に説明会参加の詳細を返信致します。 説明...

語学学校バックワイズを3分で紹介! – 日本語教材が使えて、日本人教師がいる唯一の語学学校

語学学校バックワイズはフィリピン留学で「日本語で書かれた教材を使用」し、「日本人の英語教師がレッスンを行う」唯一の語学学校です。

「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」を出版した著書が最適な英語参考書を選び、その参考書を使った授業を提供しております。

日本語教材と日本人教師のサポートによって、語学学校バックワイズではフィリピン人教師達とのマンツーマンレッスンを最大限に活用出来ます。

そしてバックワイズは「中学1年生の基礎の基礎から学び直したい初級者」から「TOEIC900点以上の上級者」まで受け入れている語学学校です。

フィリピン留学で最も英語力を伸ばせる語学学校 – 実際の教材と学習体験談を紹介

下記の3つのレベルに応じてそれぞれ紹介しているのでご自身に合ったレベルの記述を読み進めて下さい。

(1) 中学生が学ぶ英文法レベルから学び直す場合
(2) 高校英文法レベルから学び直す場合
(3) 3ヶ月でTOEIC200点アップを目指す
(4) TOEIC800点以上の上級者クラスでは実践的なニュースレッスンを実施

(1) 中学生が学ぶ英文法レベルから学び直す場合

大多数のフィリピン留学の学習者が中学英文法から学び直しています。

中学1年生までの英文法を学べば英語アレルギーは無くなり、最低限の英会話が出来るようになります。

中学3年生までの英文法を学べば海外旅行や日常生活で簡単な英会話が使いこなせるようになります。

中学1年生の初級レベルから日本で販売されている有名参考書を使って、日本人教師のサポートによって学ぶことが出来るのが語学学校バックワイズの大きな強みです。

フィリピン留学やその他の国々の語学学校では下記教材のように英語で英文法を学びます。見ればすぐに分かりますが、英語で学ぶ教材では初級者・中級者が学ぶのは極めて困難です。不可能であるとすら言えます。

下記は中学1年生~中学2年生が学ぶ助動詞 can, could についてです。

一方、語学学校バックワイズでは日本語教材を使用します。同じく「中学1年生~中学2年生が学ぶ助動詞 can, could について」ですが、理解度が全然違うのが一目瞭然かと思います。

そしてこの教材をどのように使えば良いのかに関しても日本人教師が毎週のレッスンを通じて指導し、その上でフィリピン人教師とのマンツーマンレッスンで学んだ表現を使いこなせるように練習をします。

また、バックワイズでは発音矯正のレッスンにも力を入れています。下記はYoutuberの方が発音矯正レッスンを受講されている際の様子です。

このようにして語学学校バックワイズでは

2ヶ月の語学留学で中学英文法をゼロから一通り習得できる。中学英文法に基づいた英会話が出来るようになる。

という学習目標を達成出来るようにしています。

実際に英語力ゼロからフィリピン留学をし、3週間で中学1年生が学ぶ英文法の学習を終えられた方の学習体験談を下記に紹介します。

あわせて読みたい
俳優の平塚真介さん、3週間のフィリピン留学で知識ゼロから中学1年生の英文法範囲を終了 平塚真介さん年齢 : 40代職業: 俳優   平塚真介   @shinsukehiratsuka   @hira_since_4申し込み時点の英語力: 中学1年生レベルの最初の方(be動詞、一般動詞の使い分...

同じく中学1年生の英文法から学び直し、高校英文法まで学習された方の学習体験談

あわせて読みたい
40歳を過ぎてから中学1年生の英文法から学び直して、高校英文法の半分の範囲までを学習されたTetsuさん ... 申込み時点の英語力: 中学1年生レベルの理解が怪しかった(TOEIC250点未満の英語力)留学期間: 事前学習レッスン 12週間 + バックワイズでのフィリピン留学 12週間名前: T...

(2) 高校英文法レベルから学び直す場合

英語で高校英文法を学ぶのは極めて難易度が高いです。

フィリピン留学やその他の国の語学が留学では下記教材のように英語で英文法を学びます。見ればすぐに分かりますが、この教材で学ぶのは上級者でもかなり困難です。

高校英文法の難関の1つである仮定法過去完了を英語で学ぶと下記のようになります。

一方、語学学校バックワイズでは日本語教材を使用します。同じく「高校英文法の仮定法過去完了について」ですが、理解度が全然違うのが一目瞭然かと思います。

語学学校バックワイズではこのように日本で販売されている有名参考書を使って、その上で毎週日本人教師のレッスンのサポートによって、中学3年生レベルの知識がある方であれば、3ヶ月の留学期間で高校英文法を一通り学び直せます。

英単語・英語表現を学ぶ教材は下記のレベルまで読めれば高校1年生レベルです。下記は赤毛のアンの著者(ルーシー・モード・モンゴメリ)についての記事です。日本人向け教材を使用しているため、日本人に馴染みが深い話題を取り扱っています。

本文の中に発音記号を多数書き込んでいる点にも注目下さい。語学学校バックワイズは発音矯正にも力を入れているため、英文法だけでなく、英語の発音についても学べます。

このようにして語学学校バックワイズでは

3ヶ月の語学留学で高校英文法を一通り習得できる。高校英文法に基づいた英会話が出来るようになる。

という学習目標を達成出来るようにしています。

高校英文法を学ばれた大学生の体験談は下記になります。

あわせて読みたい
英会話で「その場で考えて対応出来る瞬発力」を鍛えた大学生のMayuさん – バックワイズの標準的な... 留学期間: 4週間名前: Mayuさん 属性: 20代、女性、大学生 ※2年生終わりの春休みにフィリピン留学申込み時点の英語力: 英検2級取得済み。留学途中で受験したTOEIC模擬...
あわせて読みたい
2回目のフィリピン留学では英文法を日本語で学べるバックワイズを選んだShinsakuさん 名前: Shinsakuさん ※写真、左から2人目属性: 20代、男性、大学生申込み時点の英語力: TOEIC610点(L375, R235※)  ※Reading PartがListening Partよりも100点以上低い...

(3) 3ヶ月でTOEIC200点アップを目指す

語学学校バックワイズではTOEIC LR試験の公式問題集を使い、フィリピン人教師とのマンツーマンレッスンで英会話能力を高められます。その上でTOEIC試験の点数も短期間で大幅に高めることが出来ます。

日本人教師のレッスンでは下記のレッスンノートを使いながら「英文の品詞分解」「TOEIC試験の解放テクニック」を教授しています。

フィリピン人教師から学ぶのが困難な難易度が高いReading Partに関しても、語学学校バックワイズでは日本人教師と一緒に取り組みます。

日本人教師のレッスンによって、フィリピン留学ではこれまで出来なかったReading Partの点数も伸ばせるのが語学学校バックワイズの大きな特徴です。

(語学学校バックワイズで実現出来ること)

3ヶ月の語学留学でTOEIC200点を上げて、マンツーマンレッスンで英会話・英作文が出来るようになる

(4) TOEIC800点以上の上級者クラスでは実践的なニュースレッスンを実施

試験対策ではなく、英会話・英作文の能力を伸ばしたい上級者向けにはニュース記事を使ったレッスンを行っています。

※このニュースレッスンは易しい記事はTOEIC500点以上の中級者向けに、難易度が高い記事はTOEIC800点以上の上級者向けで実施しています。

TOEIC L&R試験やIELTS試験と相性が良いニュース記事を使ってレッスンを行っています。

下記は日本酒の獺祭がNew Yorkで発売された際のニュース記事です。

2023年10月に起きたイスラエル軍によるパレスチナ・ガザ地区侵攻といった最新の時事ニュースもレッスンでは取り上げます。

TOEIC800点を超える上級者の留学体験談は下記になります。

あわせて読みたい
転職活動の合間の4週間で200時間以上の英語学習を集中的に行った上級者のナオトさん ナオトさん ※写真中央の背の高い男性がナオトさん年齢: 30代職業: ITエンジニア申し込み時点の英語力: TOEIC800点以上留学期間:語学学校バックワイズ 4週間 【転職活...

他の語学学校では決して成し遂げられない学習目標

上記の語学学校バックワイズにしかない特徴によって、下記の学習目標を達成出来ます。

2ヶ月の語学留学で中学英文法をゼロから一通り習得できる。中学英文法に基づいた英会話が出来るようになる。

3ヶ月の語学留学で高校英文法を一通り習得できる。高校英文法に基づいた英会話が出来るようになる。

3ヶ月の語学留学でTOEIC200点を上げて、マンツーマンレッスンで英会話・英作文が出来るようになる

上記の学習目標はフィリピン留学の他の語学学校では決して成し遂げられないものばかりです。

語学学校バックワイズに語学留学をすれば、上記の目標が実現可能です。

バックワイズの学習カリキュラム総責任者である柴田 @HAL_J は10年以上フィリピンの語学学校に関わっています。その10年以上の経験を踏まえた最新の学習カリキュラムを語学学校バックワイズで提供しております。

バックワイズはフィリピンのマニラ・ケソン市に在ります。韓国人との共同経営です。

バックワイズの紹介動画

バックワイズ学習面の特徴についてまとめた動画を公開しています。約5分間の動画でバックワイズが他のフィリピン留学の語学学校とどう違うのかを確認出来ます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Backwise共同代表(塾長)・学習カリキュラム担当。
「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」の著者。自らも英文法・発音のレッスンを日々提供しています。
フィリピン留学の世界に2012年から関わっています。

目次