フィリピン人の英語力と訛りについて。フィリピン人とのオンライン英会話レッスンやフィリピン留学で間違った・変な発音が身につく?

目次

フィリピン人の英語は訛っていますか?

「フィリピン人はまともな英語を話しているの?」「英語を話せないフィリピン人もたくさんいるのでは?」など、フィリピン人の英語力について様々な疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

英語が公用語と言われているが、フィリピンは日本の隣にある東南アジアの国。

オンライン英会話や、フィリピン留学でフィリピン人の英語力が注目されていますが、まだまだ正確な情報が不足しており、「本当にちゃんとした英語を話せるの?」と心配する方も少なくありません。

ただし最初に結論から言うと、オンラインスクールや語学学校で講師をしているフィリピン人講師たちの英語は普通の日本人が想定する英語力をはるかに上回っており、日本人が彼女たちから英語を学ぶ場合に何か大きな問題が起きることは有りません。

フィリピン人教師(Sharmaine)が日本人の英語教師(ジュミック今井先生)に発音レッスンを提供。※コロナ禍前に撮影

この記事ではフィリピン人の英語力についてまとめています。

動画で実際に見てみましょう

オンラインレッスン・フィリピン留学で教えているフィリピン人教師の発音を動画で確認してみましょう。

下記の発音矯正の動画のテスト動画で実際の発音を確認してみましょう。

LとRの区別は出来ましたか?Lの音と比べると、Rの音の方が若干こもっているのが分かりましたか。

また、TOEIC LR試験対策の英単語動画も合わせて御覧ください。

Native English Speakerとは異なる英語ですが、十分に理解可能で聞き取りやすい英語です。

彼らの英語に多少の訛りはあるとしても、日本人の英語上級者よりもはるかに堪能に英語を話すことができます。

ではなぜこのように流暢に英語を話せるのでしょうか。

フィリピンの公用語は英語

フィリピンの国語はフィリピノ語(ほぼタガログ語と同じ)です。

街中ではタガログ語やその他現地語が聞こえてきます。

また公用語は英語とフィリピノ語となっており、80前後の言語があるとされるフィリピンで、様々な文化と言語の人々が、円滑にコミュニケーションをとるために使われる言語のうちの1つが英語なのです。

参考 フィリピン共和国(Republic of the Philippines)基礎データ|外務省

学校教育においては国語(タガログ語)以外の授業は英語で行われています。 小学校から大学までずっとです。

フィリピンの私立校では英語学習に力を入れていることを特色としている学校も多く存在します。

フィリピン教育省の2010年度の資料によると、公立学校における6年間の英語の総授業時間数は1,746時間。

日本の小学校における「外国語活動」が5・6年生の2年で各35単位(35×45分、26時間)であることと比べると、その差は歴然です。

そのため街中の広告・看板は基本的に英語ですし、誰かに話しかける際はもちろん英語も通じます。

映画も基本的に字幕なしの英語で上映されます。 「フィリピン人にとって英語は第2言語」と言われているのはこのためです。

このようにフィリピンにおいて英語を使用する実践の場はたくさんあるのです。

言い換えれば、英語ができなければ享受できる情報・娯楽が大幅に減ってしまうのです。

このような環境は、英語使用に最適な環境と言えるでしょう。日本の隣国ということも有り、フィリピン留学をする日本人生徒は2022年の春以降また増えてきています。

英語で書かれた石碑。町の看板はほぼ英語で書かれています

一方、フィリピン人は英語だけでなく、タガログ語やその他現地語を日常生活で使い分けて暮らしています。

例えば、セブ島で暮らすフィリピン人の多くはセブアノ語(現地語)、英語、タガログ語の3ヶ国語を話します。

ただセブアノ語とタガログ語は全く異なる言語ですので、タガログ語は聞いて読んだりする程度だったりすることも有ります。

日本人には想像し難いとは思いますが、セブ島では多言語が並行して当たり前のように飛び交っています。

そのような環境において、フィリピン人自身が外国語として英語を学習しているため、外国語学習に対して理解があります。

他にも英語教育に関する具体例を1つ紹介します。フィリピンの初等教育においては、英語を身につけるために英語以外の言語を話した場合に罰金を払ったり、また「私は英語以外の言語を話しました」といったプラカードを胸から下げるといったペナルティを設けている学校もあります。

教育に厳しい家庭では現地語(セブアノ語)を一切使用せずに英語だけで子育てを行うこともよくあります。

フィリピンにある語学学校においても、規律が厳しい語学学校であれば「フィリピン人講師達は学校内で現地語を話すことは禁止。英語のみ使用可」という決まりが有ります。

そしてまたより高い英語力を身に着けていれば、英語講師や外資系企業、コールセンター勤務などの比較的賃金の高い安定した仕事を得ることができますし、持ち前の英語力を活かして海外で働くことができます。

私と以前に働いていたフィリピン人講師の中にも今ではイギリスで看護師をしている方もいます。

フィリピン経済を代表する言葉としてOverseas Filippino Workers(OFW)という言葉が有ります。

OFWとはすなわち海外出稼ぎ労働をする人達の事です。このOFW達からの海外送金が、フィリピンのGDPの1割以上を占めているのだとか。そのためフィリピンの空港のImmigrationでもよく見るとOFWと書かれているカウンターがあったりします。

高い英語力があれば、その分得るものも大きいのです。

英語で教育が行われるなど、普通に生活していれば英語が身につくフィリピン人ですが、アメリカやイギリス、オーストラリアなど英語を母語とする人たちの英語水準を目指し、海外で働くことを目指し、英語学習に力を入れている人もたくさんいます。

フィリピンは英語社会(米国植民地としての歴史)

フィリピンは長らくスペインの植民地でした。その後、米国の植民地になり、太平洋戦争中に日本が一時的に統治し(1942-1945年)、太平洋戦争後にアメリカが奪還し、1946年に独立しました。

長くアメリカの統治下にあったため、英語に近い英語が話されています。

スペインに代わりフィリピンの宗主国となったアメリカは、まず全国に公立小学校を建設しました。そこからアメリカによる徹底的な英語教育が開始されました。

英語を教授用語とし、教師も教材もすべてアメリカが提供するというアメリカ式の教育をフィリピン全土で行ったのです。

こうしたアメリカの積極的な教育政策によって就学率は飛躍的に増加し、また英語もフィリピン国内の共通語として普及していったのです。

現在はアメリカの統治はされていませんが、英語ができることによる海外就職や賃金の上昇など恩恵が大きいため、英語教育の重要性は根強く残っています。

参考 フィリピンの教授用語政策 ―多言語国家における効果的な教授用語に関する一考察―

アメリカの標準的な英語と比べた際には若干の訛りは感じられますが、英語教育においてアメリカ英語の教育を受けてきた日本人にとってはフィリピン人の英語は理解しやすいものです。

(オンラインレッスン・フィリピン留学に関する補足)
イギリス英語は話しませんので、IELTS試験対策を希望する場合には、対策が出来る一部の語学学校を選ぶ必要が有ります。

高等教育を受けていないフィリピン人のタクシードライバーでも簡単な英語を話します。

このような環境であるため、もし英語がある程度話せる方であれば、フィリピン滞在中に言語面で不自由することはありません。

かつて植民地であったせいか、セブ島ではアメリカ人をよく見かけます。 アメリカ人にとっても英語が通じるフィリピンはアジアの中で過ごしやすい国の一つなのです。

ただしフィリピンにいる日本人の中年男性と同じように、自分よりもずっと年下のガールフレンド・配偶者を探しに来ている人達もショッピングモールや観光地のホテルで数多く見かけたので、正直独特な雰囲気があるアメリカ人が多いとも言えますが……。

話を戻すと、英語の能力に関する試験の平均点を比較すると、例年フィリピンはシンガポール、インド、マレーシア、パキスタンといったアジア諸国と上位争いをしています。

一方、日本はといえば北朝鮮と一緒に常に下から数えた方が早い位置にいます。

例えば2018年のEF英語能力指数世界ランキングではアジアトップは全体3位につけたシンガポール、アジア2位は全体14位のフィリピン、アジア3位は全体22位のマレーシアでした。

一方の日本は88国中49位と、韓国(31位)や中国(47位)台湾(48位)に及びませんでした。

フィリピン人の英語の訛りを心配する前に心配すべきこと

2022年夏、コロナ禍がいち早く落ち着いた韓国の子供達。フィリピン留学で英語を再び学び始めています。

ここからは「フィリピン人の英語は訛っているから彼らから英語を学ぶことは心配」と考える方に対してのメッセージです。

確かにフィリピン人の英語は米国人と比べると訛っていますが、その訛りは取り立てて問題にするものでもありません。

それよりも日本人の英語が非常に訛っていることの方がよほど大きな問題です。

フィリピン人の英語が訛っていることを問題にする前に、米国映画を字幕なしで見ているフィリピン人に自分の日本人訛りの英語が通じるかどうかを心配しましょう。

日本人の英会話能力は現状ではとても低いと言わざるを得ません。

ほとんどの日本人は英会話が全くできないので、英会話能力は0点に限りなく近いものと言えます。 まずは赤点を脱出できる40点を目指しましょう。

英会話能力が赤点の日本人、そんな日本人が自分たちよりもずっと英語ができるフィリピン人の英語力や訛りを問題にするのは、なんだかとても滑稽なことに思えます。

「あなたの英語はアメリカ映画を字幕なしで観ているフィリピン人に通じますか」

「あなたは英語で自分の意志や考えを的確に伝えられますか」

まずはこの質問に自信をもって答えられるようになってください。 全てはそれからです。

そしてフィリピンへの語学留学を行えば、これらの質問に自信を持って回答できるようになります。

フィリピン人の訛りを気にするのではなく、費用対効果の高い留学をして自身のキャリアを有利に作っていきましょう。

語学学校バックワイズ・フィリピン留学の説明会申込み

語学学校バックワイズでの短期留学についてより詳細を知りたい場合には、下の画像のリンク先記事よりバックワイズ・オンライン説明会にお申し込み下さい。

事前学習のオンラインレッスン、ハル英語4技能アカデミー(ハルヨン)についても説明会には盛り込んでいます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Backwise共同代表(塾長)・学習カリキュラム担当。
「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」の著者で、セブ島にあった語学学校サウスピークの共同創業者でした。

目次