【フィリピン留学・よくある失敗体験談】200万円の費用を使った6ヶ月の長期留学にも関わらず英語力が全然上がらなかった初級者

マンツーマンレッスンの地獄・悪夢

フィリピン留学で最もよくある失敗体験談。英語力を全く伸ばせなかった初級者の失敗体験談を記事にまとめました。

実際に起きた複数の失敗体験談をまとめたものがこの体験談になります。

こういったあまりに無惨な失敗体験談を多数目撃したため、私はフィリピン留学で起業しました。

目次

全くの初級者が事前学習無しで長期のフィリピン留学をして大失敗した事例

(留学生の基本情報)
年齢と性別: 20代中盤, 女性
留学期間: 6ヶ月
留学費用の合計: 約250万円 (授業料+生活費)

(留学前の英語力)
フィリピン留学を開始する前の英語力: 中学1年生レベルの英文法が怪しい※ ※be動詞と一般動詞の使い分けについて理解していないと下記の画像のような間違いをします。

TOEIC LR試験スコア 220点※ (Listening Part 130点、Reading Part 90点) ※【補足】TOEIC試験は1問も分からなくても、選択肢で全て”b”を選べば250点前後の得点になります。

(留学終了時の英語力)
6ヶ月のフィリピン留学終了時の英語力: 高校英文法の理解が怪しい。中学英文法もまだ自信がない。

英会話で話すと「時制の間違い」「be動詞と一般動詞を使い分けられない」「不適切な品詞を頻繁に使用する」という改善点が多数あることが分かる。

TOEIC LR試験スコア 300点 (Listening Part 180点、Reading Part 120点)

留学エージェントは「6ヶ月のフィリピン留学でペラペラになる」と言ってくれた。

私はもともと英語に苦手意識があって受験勉強をちゃんとしていませんでした。

だから英単語・英文法についての知識はほとんど全くありませんでした。

中学1年生レベルの英文法も曖昧でした。 be動詞 と 一般動詞 の使い分けも出来ていなかったので “I am like music.” のような英会話レベルでした。

でも「受験英語と実際の英会話は違うとよく聞くし、海外で暮せばなんとかなるだろう」と思い立ち、事前学習を全くしないでフィリピン留学をしました。

語学学校を紹介してくれた留学エージェントの方からも「フィリピン留学して英語に囲まれる環境に6ヶ月もいれば、英会話が出来ない初級者でも日常会話はバッチリですよ」と言われて、英語が全く出来ない私でもなんとかなるかなとワクワクしました。

「それなら出来るだけ早く出発した方が良いな」と思い、日本での事前学習を全くしないでフィリピン留学に出発しました。

語学留学は”長期間の海外旅行”の側面も有ります。海外に行けるワクワク感に押されて、準備不足で語学留学を開始して失敗する留学生が跡を絶ちません。

マンツーマンレッスンが全然理解できなくてレッスン中に泣いたことも

でも「事前学習無しでもなんとかなる、海外現地に住んでいれば自然と英語は話せるようになる」というのはすごく甘い考えでした。

海外の英語圏の国で暮らすようになってなんともならなかったです。それはフィリピン人講師とのマンツーマンレッスンの内容をまるで理解出来なかったからです。

そのため毎朝レッスンに行くのが苦痛で憂鬱でした。

時にはあまりに理解できないことが悔しくてマンツーマンレッスンで泣いてしまったことも有ります。

フィリピン人の先生達は優しく励ましてくれましたが、だからといって英語が出来るようにはなりませんでした。

マンツーマンレッスンの地獄・悪夢
日本語を介さずに英語で英語を学ぶのは初級者にとっては”地獄”

英語でのマンツーマンレッスンの内容が理解出来なさすぎて初級者がレッスン中に泣き出す事態は定期的に発生しています。

なかなか表には出て来ない話ですが、こういった失敗体験談は残念ながらよくある失敗体験談の1つです。

英語で英文法を学ぶのは絶対無理!

マンツーマンレッスンでフィリピン人講師から英文法についての説明を”英語で”受けました。

6ヶ月の留学期間に、現在形、過去形、助動詞、現在進行形、現在完了形、不定詞、現在分詞/過去分詞、仮定法などの文法事項について”英語で”説明されました。

主節(main clause)、従属節(subordinate clause)と日本語で言われてもよく分からないことを英語で説明されても全然理解できなかったです。※

※こういった詳細な英文法の用語については、中級者未満の方々はうまく言語化できないので、聞き取ったインタビュアーの方でまとめました。

英語で英文法について説明されても全く理解できなかったです。

名詞(Noun)や動詞(Verb)、現在形(Present Tense)という最も基本的な英単語すら知らなかったので、最初の3ヶ月は何も分からないまま、本当にわけが分からないまま過ぎ去ってしまいました。

私があまり英会話が出来ないので、フィリピン人講師達の言うことをうなずいて聴いているばかりでした。

でも、聴いている内容は聴いている時はなんとなく分かった気になりましたが、あとで自分で使ってみようとしても全く使えなかったです。話されている内容まで理解できていなかったのです。

そんなわけも分からずに振り回された日々だったため、当時の事を思い出そうとしても全ての事が夢の中のように、霧の中にいたかのようにボンヤリとして曖昧です。

高校英文法で本格的に学ぶことになる関係代名詞(主格・目的格)、現在分詞・過去分詞・分詞構文・独立分詞構文、仮定法過去・仮定法過去完了・仮定法未来などそもそも日本語で説明されても、英文法の基本知識がない私では理解できないです。

そんな日本語でも理解していない英文法について英語”で”説明されるので、もう完全にお手上げでした。

参考例: 英語で仮定法過去について学ぶ場合

ここで中学3年生で学ぶ仮定法過去について、英語で説明されるとどうなるのかという例を紹介します。

ちなみに仮定法過去は”subjunctive past”と英語で言います。※画像はクリックすると拡大されます。

他の留学生が夕方以降に飲み歩いている中でも勉強をしたけれど…

1日8コマのレッスンが終わる夕方以降は他の留学生の大半が遊びに行ってました。

でも、私はレッスンの内容を復習するために自習室に居残って勉強していました。

自習室を夕方以降も利用している留学生の割合は全体の10-20%だったので、孤独感に襲われました。

悔しかったのは夕方以降に遊びに行っている人達の方が、夕方以降も自習室に篭ってひたすら勉強ばかりしている私よりもずっとずっと英語が出来る人達だったことです。

こんなことなら日本にいる間にもっとちゃんと勉強しておけば良かったと惨めな思いをしました。

フィリピン留学をする人達が最も多いグループの1つが「大学生」です。大学生は日常的に英語学習をしているため、社会人学生よりも英語力が高い傾向が有ります。

特に大学入試を終えた直後の大学1年生は英語力が高いです。

マンツーマンレッスンを自主的に半分に減らして自習学習を開始

マンツーマンレッスン8コマ、それに加えて自習時間を毎日2-3時間してもレッスンが全然理解出来るようにならなかったです。

そのため消化できない1日8コマのレッスンを受けるのは無駄だと思って、1日4コマまでレッスン時間を自主的に減らしました。

留学エージェントからは1日8コマのレッスンを勧められましたが、私のような初級者には8コマは多すぎました。

そして1日4コマまでレッスンを減らしましたが、自ら望んでレッスン数を減らしたという理由で授業料は返金されませんでした。

1日8コマの授業はより多くの手数料を受け取るために留学エージェントは紹介していると後から知って、留学エージェントに騙されたと思いました。

繰り返しますが、初級者に1日8コマは多すぎました。

留学エージェントはより多くの紹介料を稼ぐために、1日8コマのようにより多くのレッスンを受講させる傾向が有ります。

初心者レベルの留学生は予習・復習の時間を確保できるように、最大で1日4コマにするのがお勧めです。

学校から配布された教材が海賊版教材で低品質

英文法の自習学習をしようとしましたが、語学学校で渡された白黒コピーの教材※には日本語での説明がなく、英語か韓国語で説明されているだけでした。

日本語での説明がないこれらの教材は私には全く役に立たなかったです。

フィリピン留学でよく使われる白黒コピーの海賊版教材。日本語の説明は無し。

フィリピン留学では白黒コピーの海賊版教材が多く使われています。

下記画像のような教材が代表的な海賊版教材です。

午前にListening, Speaking, Readingのテストやってレベル分けされて、午後から個人レッスンみっちりでした。 これ、2週間でこなすテキスト! フィリピン人陽気だしめっちゃ褒めてくれる!すごい! #いけあやフィリピン留学 https://twitter.com/ikeay/status/1072789323282432000

留学後に知りましたが、これらは著作権違反の海賊版教材でした。

フィリピンでは街にコピー屋があって、そういうコピー屋で書籍を印刷するのが一般的なようです。

私が行ったのは韓国系語学学校で、こういう海賊版のコピー本を罪悪感なく当たり前の顔して使っていることにも驚きでした。

海賊版教材の中身 日本語の説明は無し。

(補足)現在ではpdf形式でデータで教材を配布する語学学校も出てきました。もしくは表紙だけきれいにして自社の”オリジナル教材”として海賊版教材を使用している語学学校も有ります。

日本の英語参考書を電子書籍で購入。でも、ミスマッチな教材を買ってしまった。

語学学校で購入した白黒コピーの教材は使わず、電子書籍で日本語の教材を購入しました。

ただ電子書籍だったのでどれが良いのか見比べることが出来ず、Youtube動画でおすすめされていた教材を電子書籍で買って、独学でそれらを使って自習学習を進めました。

そこで新たな問題が発生しました。人気の参考書だからと言って、必ずしも私のレベルに合った教材ではなかったのです。

これは失敗したなと思った参考書は2つ有ります。

1つは初級者向けとお勧めされていた英単語帳でしたが、機械的にひたすら英単語を暗記するだけの教材だったのであまりに苦痛ですぐに投げ出してしまいました。

楽しさが全く感じされない単純作業的な学習は無理でした。1週間くらいで学習を断念しました。

購入した英単語帳

もう1つ失敗した参考書は「日本人が知らない、ネイティブが日常的に使う英会話表現集」といった本です。基本的な英単語・英文法の知識がない初級者の私には難しすぎました。上級者向けの参考書だと思いました。

留学していた韓国系の語学学校には英語学習について詳しい日本人スタッフがいなかったため、自分で調べる必要がありました。結局自分が使わない参考書も含めて、何冊もの参考書を買うことになりました。

電子書籍の教材が使いにくい。インターネットが遅い。

電子書籍の参考書は紙の参考書と違って書き込めない点がかなり不便でした。

また分からないことはYoutube動画で調べたりもしましたが、フィリピンのインターネット回線の速度は遅く、事前に時間をかけてダウンロードしていないと視聴できなかったです。気軽にお勧めされた複数の動画を見比べるということが出来なかったです。

教材も動画も非効率だなと思いながら、試行錯誤しながら自習学習を続けました。勉強中は常に「この教材、この学習法が果たして正しいのだろうか」と確信が持てないまま自習学習を続けました。

そもそもの話として、こういった自習学習をするのであれば、日本にいた頃にもっと効率的に楽に出来たのに、私はフィリピンに来てまで何をやっているんだろうと自己嫌悪に陥ってました。明らかに準備不足でした。

楽しそうにしているのは上級クラスの留学生ばかり

今になって思えば当たり前なことなのですが、同じ語学学校の生徒の中でもフィリピン人講師たちと楽しそうに話していたのは大学受験のために勉強をすごく頑張っていた高学歴の大学生たちでした。

他にはもともと英単語や英文法の知識が十分にある中上級者の人たちばかりでした。

私はフリートークでフィリピン人講師たち話しかけられた英語が分からなくて曖昧に笑っていたら、次第に最低限しか話しかけられなくなりました。

フィリピン人の先生達は明るい性格なので気さくに挨拶はしてくれるのですが、それだけです。

会話は続かないです。短い挨拶だけしか出来ません。

韓国系の語学学校だったので韓国人留学生はいましたが、彼ら・彼女たちと交流することもありませんでした。

フィリピン留学でよくある「国際交流」
最初は頑張って他の国籍の生徒と交流しようするが、結局英語力が低すぎて日本人だけと交流終わってしまう。
韓国人の留学生とは飲み屋で一緒になっても挨拶だけして、別の席に分かれて座るのがいつものことになる。

韓国人留学生達。彼女たちとやりとりするのにも一定レベル以上の英語力が必要。

6ヶ月のフィリピン留学。結局、挨拶しかできるようにならなかった

留学エージェントの方は「初級者でも6ヶ月もいれば日常会話はバッチリ」と言っていましたが、私は最低限の挨拶と自己紹介くらいしかできるようになりませんでした。

結局、私のような本当の初心者では知っている英単語を並べるだけで精一杯です。

そして英語を適切な英文法にしたがって、文章単位でちゃんと話せるようになった初級者なんて誰一人いませんでした。

英会話は留学が終わった今でも英単語を並べるだけで精一杯です。

「7割くらいの留学生は英語が話せないまま帰ってきますよ。」

私は残念ながら次の漫画で出てくる7割の生徒になってしまいました。

海外に住むだけで英語が話せるようになると思っている人へ
「7割くらいの留学生は英語が話せないまま帰ってきますよ。」

https://twitter.com/koalaenglish180/status/1385844551370219528

【補足】実際は7割どころか、9割の留学生が適切な中学英文法レベルの英会話すらできるようにはなりません。

海外に行くだけで英語が出来るようにはならない

自分のフィリピン留学生活を振り返って思うのは、 留学する前に英単語や英文法の勉強の勉強を真面目にしておくべきだった、ということです。

いま振り返れば、海外に行くだけで英語が出来るようになると思っていた自分は浅はかすぎました。

留学エージェントの言われるがままに語学学校や期間、受講するコマ数を選ばずに、自分自身でもっと調べた上で決めるべきだったと思います。

6ヶ月のフィリピン留学の総額は200万円以上の大金になりました。親に借金してまでフィリピン留学をしたのに、全然英語が出来るようにならなかったので合わせる顔が有りません。悔しいです。

【補足】まともに英会話をするために最低限必要な英語力…TOEIC600点

英単語を並べるだけでなく、文章単位で英会話ができるようになるのはTOEIC600点以上、英検2級以上からです。

TOEIC600点未満の初級者・初中級者ですと、挨拶くらいしか出来ないです。

下記、「TOEICレベル毎に出来ることのまとめ」です。

TOEICレベル毎に出来ることまとめ

TOEIC600点未満の初級者・初中級者の場合(黄色の線)だと、英会話と言っても「挨拶ができる」くらいが限界です。

まとめ 記事の終わりに

この失敗体験談は実際にあった複数の方々の体験をまとめたものです。

フィリピン留学における残念な現状を一通り含んだ内容です。

このような無惨な失敗につながった要因をまとめると下記になります。

  1. 英語で説明されている白黒コピーの海賊版教材では、初級者は内容が理解出来ない。
  2. レッスンのコマ数はバランスが重要。1日4コマが限界。それ以上取ると内容を消化出来ない。
  3. 英語学習のカリキュラムを作成してくれる日本人指導者がいないと、不適切な教材を選択する可能性が極めて高い。
  4. そもそも日本である程度事前学習をして準備をしてくるべきだったのに、いきなり語学留学したのも失敗。

目を背けたくなるような悲惨な失敗事例を繰り返さずに済むように、語学学校バックワイズではこれら失敗要因を排除したレッスンを運営しています。

語学学校バックワイズへのお問い合わせ・お申し込み

語学学校バックワイズへ留学されることを希望される方はLINE、メール、オンライン説明会/対面説明会、いずれかよりお問い合わせ・お申し込みください。

LINEでのお問い合わせ/お申し込み

LINEでは下記よりお問い合わせください。代表の樫原が迅速に対応致します。

ID:@oqr4010l

メールでのお問い合わせ/お申し込み

メールでのお問い合わせは下記リンク先記事のメールフォーム(リンク先ページの下段)よりご連絡ください。

MQESA
お問い合わせ・お申込み | MQESA 留学のお申込みやご質問は、LINEまたはメールフォームよりご連絡ください。 公式LINEでお問い合わせ ID:@oqr4010l LINE登録 ID検索の場合は、下記の手順で登録できます。 ...

オンライン説明会/対面説明会へのお申し込み

まとまった時間を使ってより詳しく語学学校バックワイズについて知りたい方向けにオンライン説明会/対面説明会を実施しております。

対面説明会は関西(大阪・東梅田、京都・四条烏丸、神戸・三宮)で定期的に行っております。関東での実施を希望される場合にはLINEかメールで個別にお問い合わせ下さい。

あわせて読みたい
オンライン留学説明会 語学学校バックワイズの説明会/相談会への参加を希望される場合には、下記の予約システムよりお申し込みください。1営業日中に説明会参加の詳細を返信致します。 説明...

語学学校バックワイズを3分で紹介! – 日本語教材が使えて、日本人教師がいる唯一の語学学校

語学学校バックワイズはフィリピン留学で「日本語で書かれた教材を使用」し、「日本人の英語教師がレッスンを行う」唯一の語学学校です。

「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」を出版した著書が最適な英語参考書を選び、その参考書を使った授業を提供しております。

日本語教材と日本人教師のサポートによって、語学学校バックワイズではフィリピン人教師達とのマンツーマンレッスンを最大限に活用出来ます。

そしてバックワイズは「中学1年生の基礎の基礎から学び直したい初級者」から「TOEIC900点以上の上級者」まで受け入れている語学学校です。

フィリピン留学で最も英語力を伸ばせる語学学校 – 実際の教材と学習体験談を紹介

下記の3つのレベルに応じてそれぞれ紹介しているのでご自身に合ったレベルの記述を読み進めて下さい。

(1) 中学生が学ぶ英文法レベルから学び直す場合
(2) 高校英文法レベルから学び直す場合
(3) 3ヶ月でTOEIC200点アップを目指す
(4) TOEIC800点以上の上級者クラスでは実践的なニュースレッスンを実施

(1) 中学生が学ぶ英文法レベルから学び直す場合

大多数のフィリピン留学の学習者が中学英文法から学び直しています。

中学1年生までの英文法を学べば英語アレルギーは無くなり、最低限の英会話が出来るようになります。

中学3年生までの英文法を学べば海外旅行や日常生活で簡単な英会話が使いこなせるようになります。

中学1年生の初級レベルから日本で販売されている有名参考書を使って、日本人教師のサポートによって学ぶことが出来るのが語学学校バックワイズの大きな強みです。

フィリピン留学やその他の国々の語学学校では下記教材のように英語で英文法を学びます。見ればすぐに分かりますが、英語で学ぶ教材では初級者・中級者が学ぶのは極めて困難です。不可能であるとすら言えます。

下記は中学1年生~中学2年生が学ぶ助動詞 can, could についてです。

一方、語学学校バックワイズでは日本語教材を使用します。同じく「中学1年生~中学2年生が学ぶ助動詞 can, could について」ですが、理解度が全然違うのが一目瞭然かと思います。

そしてこの教材をどのように使えば良いのかに関しても日本人教師が毎週のレッスンを通じて指導し、その上でフィリピン人教師とのマンツーマンレッスンで学んだ表現を使いこなせるように練習をします。

また、バックワイズでは発音矯正のレッスンにも力を入れています。下記はYoutuberの方が発音矯正レッスンを受講されている際の様子です。

このようにして語学学校バックワイズでは

2ヶ月の語学留学で中学英文法をゼロから一通り習得できる。中学英文法に基づいた英会話が出来るようになる。

という学習目標を達成出来るようにしています。

実際に英語力ゼロからフィリピン留学をし、3週間で中学1年生が学ぶ英文法の学習を終えられた方の学習体験談を下記に紹介します。

あわせて読みたい
俳優の平塚真介さん、3週間のフィリピン留学で知識ゼロから中学1年生の英文法範囲を終了 平塚真介さん年齢 : 40代職業: 俳優   平塚真介   @shinsukehiratsuka   @hira_since_4申し込み時点の英語力: 中学1年生レベルの最初の方(be動詞、一般動詞の使い分...

同じく中学1年生の英文法から学び直し、高校英文法まで学習された方の学習体験談

あわせて読みたい
40歳を過ぎてから中学1年生の英文法から学び直して、高校英文法の半分の範囲までを学習されたTetsuさん ... 申込み時点の英語力: 中学1年生レベルの理解が怪しかった(TOEIC250点未満の英語力)留学期間: 事前学習レッスン 12週間 + バックワイズでのフィリピン留学 12週間名前: T...

(2) 高校英文法レベルから学び直す場合

英語で高校英文法を学ぶのは極めて難易度が高いです。

フィリピン留学やその他の国の語学が留学では下記教材のように英語で英文法を学びます。見ればすぐに分かりますが、この教材で学ぶのは上級者でもかなり困難です。

高校英文法の難関の1つである仮定法過去完了を英語で学ぶと下記のようになります。

一方、語学学校バックワイズでは日本語教材を使用します。同じく「高校英文法の仮定法過去完了について」ですが、理解度が全然違うのが一目瞭然かと思います。

語学学校バックワイズではこのように日本で販売されている有名参考書を使って、その上で毎週日本人教師のレッスンのサポートによって、中学3年生レベルの知識がある方であれば、3ヶ月の留学期間で高校英文法を一通り学び直せます。

英単語・英語表現を学ぶ教材は下記のレベルまで読めれば高校1年生レベルです。下記は赤毛のアンの著者(ルーシー・モード・モンゴメリ)についての記事です。日本人向け教材を使用しているため、日本人に馴染みが深い話題を取り扱っています。

本文の中に発音記号を多数書き込んでいる点にも注目下さい。語学学校バックワイズは発音矯正にも力を入れているため、英文法だけでなく、英語の発音についても学べます。

このようにして語学学校バックワイズでは

3ヶ月の語学留学で高校英文法を一通り習得できる。高校英文法に基づいた英会話が出来るようになる。

という学習目標を達成出来るようにしています。

高校英文法を学ばれた大学生の体験談は下記になります。

あわせて読みたい
英会話で「その場で考えて対応出来る瞬発力」を鍛えた大学生のMayuさん – バックワイズの標準的な... 留学期間: 4週間名前: Mayuさん 属性: 20代、女性、大学生 ※2年生終わりの春休みにフィリピン留学申込み時点の英語力: 英検2級取得済み。留学途中で受験したTOEIC模擬...
あわせて読みたい
2回目のフィリピン留学では英文法を日本語で学べるバックワイズを選んだShinsakuさん 名前: Shinsakuさん ※写真、左から2人目属性: 20代、男性、大学生申込み時点の英語力: TOEIC610点(L375, R235※)  ※Reading PartがListening Partよりも100点以上低い...

(3) 3ヶ月でTOEIC200点アップを目指す

語学学校バックワイズではTOEIC LR試験の公式問題集を使い、フィリピン人教師とのマンツーマンレッスンで英会話能力を高められます。その上でTOEIC試験の点数も短期間で大幅に高めることが出来ます。

日本人教師のレッスンでは下記のレッスンノートを使いながら「英文の品詞分解」「TOEIC試験の解放テクニック」を教授しています。

フィリピン人教師から学ぶのが困難な難易度が高いReading Partに関しても、語学学校バックワイズでは日本人教師と一緒に取り組みます。

日本人教師のレッスンによって、フィリピン留学ではこれまで出来なかったReading Partの点数も伸ばせるのが語学学校バックワイズの大きな特徴です。

(語学学校バックワイズで実現出来ること)

3ヶ月の語学留学でTOEIC200点を上げて、マンツーマンレッスンで英会話・英作文が出来るようになる

(4) TOEIC800点以上の上級者クラスでは実践的なニュースレッスンを実施

試験対策ではなく、英会話・英作文の能力を伸ばしたい上級者向けにはニュース記事を使ったレッスンを行っています。

※このニュースレッスンは易しい記事はTOEIC500点以上の中級者向けに、難易度が高い記事はTOEIC800点以上の上級者向けで実施しています。

TOEIC L&R試験やIELTS試験と相性が良いニュース記事を使ってレッスンを行っています。

下記は日本酒の獺祭がNew Yorkで発売された際のニュース記事です。

2023年10月に起きたイスラエル軍によるパレスチナ・ガザ地区侵攻といった最新の時事ニュースもレッスンでは取り上げます。

TOEIC800点を超える上級者の留学体験談は下記になります。

あわせて読みたい
転職活動の合間の4週間で200時間以上の英語学習を集中的に行った上級者のナオトさん ナオトさん ※写真中央の背の高い男性がナオトさん年齢: 30代職業: ITエンジニア申し込み時点の英語力: TOEIC800点以上留学期間:語学学校バックワイズ 4週間 【転職活...

他の語学学校では決して成し遂げられない学習目標

上記の語学学校バックワイズにしかない特徴によって、下記の学習目標を達成出来ます。

2ヶ月の語学留学で中学英文法をゼロから一通り習得できる。中学英文法に基づいた英会話が出来るようになる。

3ヶ月の語学留学で高校英文法を一通り習得できる。高校英文法に基づいた英会話が出来るようになる。

3ヶ月の語学留学でTOEIC200点を上げて、マンツーマンレッスンで英会話・英作文が出来るようになる

上記の学習目標はフィリピン留学の他の語学学校では決して成し遂げられないものばかりです。

語学学校バックワイズに語学留学をすれば、上記の目標が実現可能です。

バックワイズの学習カリキュラム総責任者である柴田 @HAL_J は10年以上フィリピンの語学学校に関わっています。その10年以上の経験を踏まえた最新の学習カリキュラムを語学学校バックワイズで提供しております。

バックワイズはフィリピンのマニラ・ケソン市に在ります。韓国人との共同経営です。

バックワイズの紹介動画

バックワイズ学習面の特徴についてまとめた動画を公開しています。約5分間の動画でバックワイズが他のフィリピン留学の語学学校とどう違うのかを確認出来ます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Backwise共同代表(塾長)・学習カリキュラム担当。
「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」の著者。自らも英文法・発音のレッスンを日々提供しています。
フィリピン留学の世界に2012年から関わっています。

コメント

コメント一覧 (3件)

目次