中学生1年生の妹さんに同行。大学生になって2回目のフィリピン留学。英会話の伸びを感じた2回目の留学体験。

ミキさんの妹さん
年齢・学年: 中学1年生の夏休み
申込み時点の英語力: 中学1年生レベル
留学期間: 2週間

ミキさん
年齢・学年: 大学生 
申込み時点の英語力: TOEIC800点以上、英検準1級以上のレベル
留学期間: 2週間

インタビューを受けているのはお姉さんである大学生のミキさんです。

目次

大学生になって2回目のフィリピン留学。1回目は中学生の時。

1回目のフィリピン留学は中学2年生の時でした。ちょうど今回はじめてフィリピン留学をした妹と同じくらいの年齢だった時です。

前回とは異なり、今回のフィリピン留学ではフィリピン人の先生達が話している内容が理解できるようになっていることに違いを感じました。

今回のフィリピン留学では英語で話せて笑い合えました。

ハロハロ(フィリピンのかき氷) 勉強の合間の息抜き

中学生の時に1回目のフィリピン留学

前回のフィリピン留学の語学学校(柴田 @HAL_Jが語学学校バックワイズと同様に学習カリキュラムを担当していた)には生徒1人1人に個室があって、本当に朝早くから勉強していて、そのひたむきな学習姿勢に圧倒されました。

壁に付箋で学習目標が貼ってあり、その付箋に圧倒されました。

そういう風に文字通り一生懸命に英語学習をする人たちがいることを知って、帰国後もその時に写真で撮った付箋を見て勉強のやる気を高めていました。

マンゴー、バナナ、パパイヤ

フィリピン留学後の受験勉強への影響は

1回目のフィリピン留学で英語学習の方法を学びました。

それまではリスニング学習では英文の音源は1回-3回しか聞きませんでしたが、それが数十回、100回を超えて聴くようになりました。

また自分で音読学習をしていなかったのですが、音読学習をするようにもなりました。

語学学校バックワイズでは英語学習の方法を指導する日本人の英語教師がいます。
→(参考記事)語学学校バックワイズの特徴3…自習学習の「放置」問題を解消するために日本人教師のレッスンを提供

フィリピン留学のおかげもあって、英語はずっと得意科目でした。

大学入試でも英語に助けられ、英語科目のおかげで現在の大学に入学することが出来ました。

英語の発音についても1回目のフィリピン留学の時に発音記号とフォニックスについて学んでいたため、今回の留学では発音の良さを褒められました。

ミキさんは発音の知識が十分にあったため、全生徒が毎日1コマ受講している発音矯正レッスンは免除になりました。そして、その分だけ英会話・英作文レッスンを多く受講していました。

語学学校バックワイズで使用するフォニックスの発音教材

14歳でフィリピン留学をして

私は中学生の時に1回目のフィリピン留学をしました。

当時のフィリピン人の先生達にとてもすごく良くしてもらいました。ある先生(Teacher Apple)は教えるのがすごく上手で、他の先生達もとてもフレンドリーでした。

それまで日本人以外の人たちと関わることがなかったですが、他の国の人たちに対する印象が良くなりました。

また14歳のフィリピン留学時には校舎の外にはあまり出られなかったですが、今回外を出歩くことが出来て、ショッピングモールを訪れるなど楽しい経験が出来ました。

ショッピングモールの中にあるメリーゴーラウンド
ショッピングモールにある観覧車

2回目のフィリピン留学 学習面

今回は昔の自分と同じように中学生の妹がフィリピン留学を計画していて、最初は親が同行しようとしていたので、私が代わりに同行することにしました。

中学生1年生のミキさんの妹さんがフィリピン留学で学んだこと

現在中学1年生ですが、事前学習で中学2年生英文法まで学びました。

※中学2年生の英文法では下記の不定詞が登場します。また、受け身・比較・受動態が登場します。

発音の授業では昔のお姉さんと同じように発音記号、フォニックスについて学習されました。

日本人教師の英文法・英文読解レッスンではマザー・グースも学びました。

下記はレッスンで使用した一曲。

大学生のミキさんがフィリピン留学で学んだこと

現在は国際系の学部に通っていますが、思ったより英語を使う機会、英会話の機会がなかったので今回のフィリピン留学では英会話の練習をしようと決めていました。

現在国際系の学部に所属していますが、大学で英語を勉強していたら「英語の勉強をしていてすごいね!」と言われるような学内の雰囲気ですので、英語学習とは少し遠い環境です。

日本ではこういう環境だったので、改めてフィリピン留学で英語漬けの留学生活を送りたいなと思っていました。

留学中に使用した教材ではニュースで学ぶ「現代英語」が良かったです。

(参考記事・語学学校バックワイズの上級クラスで使用しています)ニュースで学ぶ「現代英語」 TOEIC試験対策+英会話対策にお勧めの無料教材

普段あまりニュースを見ることがなかったので、英語学習を通じて時事知識も身につけられた。

現地のフィリピン人の先生達とニュースについて話して、そのニュースに関する知識を深められました。

(使用したニュース記事)2021年のノーベル平和賞に関する記事。フィリピン人ジャーナリストであるマリア・レッサが受賞した。

ノーベル平和賞に2人のジャーナリスト JOURNALISTS FROM PHILIPPINES AND RUSSIA WIN NOBEL PEACE PRIZE

フィリピンの大統領に関するニュース記事をレッスンで使用した際には、ドゥテルテ前大統領の話になり、ドゥテルテ以前は治安が悪かったが、就任後は治安が良くなり、国内の人にとっては救世主であったという話を聞きました。

ただ一方で、麻薬の取締で多くの人たち(15,000人前後)の人たちが亡くなった話も学び、人命を軽視しているのでは?法的、倫理的には問題があったのでは?と考えさせられました。

(補足)ニュース記事をレッスンで使用する意図

語学学校バックワイズでは大学生や社会人が就職活動で困らないために、一般教養をつけるためにニュース記事をレッスンで使用しています。

そして、外国人と英会話をする際に、TOEIC LR試験や英検の話をすることはないです。こういった英語試験に関する話題ではなく、実際の現実世界で起きていることを話します。

2023年夏であれば、日本で開催されたG7サミットの話題が注目されていました。こういった話題について英会話が出来るようになるのに、ニュースで学ぶ「現代英語」はお勧めです。

他にも物価高の影響、長引くロシアのウクライナ侵攻、中国不動産バブルの崩壊(背景にあるゼロコロナ政策の失敗)、こういった話題が国籍を超えて通じる話題になります。

このような一般的な話題をニュースで学ぶ「現代英語」で学んでおくと、雑談の話題を広げやすいです。

ここ最近レッスンで扱ったニュース記事では下記が就職・転職活動向けの話題です。

  • トヨタ 米でEV向け電池工場に追加投資 TOYOTA BOOSTS INVESTMENT IN N. CAROLINA BATTERY PLANT
  • 卵不足 外食チェーンのメニューに影響 JAPAN RESTAURANTS CUT EGGS AMID SHORTAGE
  • 対話式AI(ChatGPT) 開発中断求める署名活動 IT EXPERTS WARN AI RACE GETTING OUT OF CONTROL
  • ドイツ “脱原発”を実現 GERMANY SHUTS DOWN ITS LAST NUCLEAR POWER STATIONS
  • TikTokのCEO 米公聴会で証言 TIKTOK CEO FACES CONGRESS

フィリピン留学 生活面

昔の自分のように早い時期にフィリピン留学をすると、日本とは明らかに異なる発展途上国の町並みを見れば価値観が変わり、社会問題に興味を持つようになると思います。

フィリピンの街並み
ショッピングモール 日本で言う100円ショップで買い物

一方、フィリピンの人達は易しく、私達にとてもニコニコしてくれたので、安心して過ごすことが出来ました。

外出中に身の危険を感じることもなかったです。

楽しかったのはトライシクル(バイクタクシー)でした。5人で乗って、風を感じながら走ることが出来ました。日本にもって帰りたいと思えるくらいに楽しかったです。

トライシクルからの光景
フィリピンのカフェにて

語学学校バックワイズへのお問い合わせ・お申し込み

語学学校バックワイズへ留学されることを希望される方は下記のいずれかよりお問い合わせ・お申し込みください。

LINEでのお問い合わせ/お申し込み

LINEでは下記よりお問い合わせください。代表の樫原が迅速に対応致します。

ID:@oqr4010l

メールでのお問い合わせ/お申し込み

メールでのお問い合わせは下記リンク先記事のメールフォーム(リンク先ページの下段)よりご連絡ください。

MQESA
お問い合わせ・お申込み | MQESA 留学のお申込みやご質問は、LINEまたはメールフォームよりご連絡ください。 公式LINEでお問い合わせ ID:@oqr4010l LINE登録 ID検索の場合は、下記の手順で登録できます。 ...

オンライン説明会へのお申し込み

まとまった時間を使ってより詳しく語学学校バックワイズについて知りたい方向けオンライン説明会を実施しております。

語学学校バックワイズを希望する場合には、自分のレベルに合った説明会を選択ください。ただし、日本での事前学習レッスンを体験されたい方はレベルを問わず「中級者~上級者向け説明会」にお申し込みください。

あわせて読みたい
オンライン留学説明会 【説明会の申し込みはこちらから】 語学学校バックワイズの説明会/相談会への参加を希望される場合には、下記の予約システムよりお申し込みください。1営業日中に説明...

語学学校バックワイズを3分で紹介!

語学学校バックワイズは「中学1年生の基礎の基礎から学び直したい初級者」から「TOEIC800点以上の上級者」まで受け入れている語学学校です。

フィリピン留学で最も英語力を伸ばせる語学学校 – 実際の教材と学習体験談を紹介

2ヶ月の語学留学で中学英文法をゼロから一通り習得できる。中学英文法に基づいた英会話が出来るようになる。

中学1年生の初級レベルから日本で販売されている有名参考書を使って日本人教師のサポートによって学ぶことが出来るのが語学学校バックワイズの大きな強みです。

日本語の教材を使い、be動詞の使い分け(am, are, is)から学び直せます。

下記は実際に英語力ゼロからフィリピン留学をし、3週間で中学1年生が学ぶ英文法の学習を終えられた方の学習体験談

あわせて読みたい
俳優の平塚真介さん、3週間のフィリピン留学で知識ゼロから中学1年生の英文法範囲を終了 平塚真介さん年齢 : 40代職業: 俳優   平塚真介   @shinsukehiratsuka   @hira_since_4申し込み時点の英語力: 中学1年生レベルの最初の方(be動詞、一般動詞の使い分...

同じく中学1年生の英文法から学び直し、高校英文法まで学習された方の学習体験談

あわせて読みたい
40歳を過ぎてから中学1年生の英文法から学び直して、高校英文法の半分の範囲までを学習されたTetsuさん ... 申込み時点の英語力: 中学1年生レベルの理解が怪しかった(TOEIC250点未満の英語力)留学期間: 事前学習レッスン 12週間 + バックワイズでのフィリピン留学 12週間名前: T...

3ヶ月の語学留学で高校英文法を一通り習得できる。高校英文法に基づいた英会話が出来るようになる。

英語で高度な英文法を学ぶのは極めて難易度が高いです。

語学学校バックワイズでは日本で販売されている有名参考書を使って日本人教師のサポートによって、中学3年生レベルの知識がある方であれば、3ヶ月の留学期間で高校英文法を一通り学び直せます。

下記は英会話で使いたい”助動詞+have+過去分詞”。このレベルの表現を英会話で使いこなせるのが中級者以上の人たちです。

英文読解には欠かせない分詞構文も日本語で学べます。

3ヶ月の語学留学でTOEIC200点を上げて、マンツーマンレッスンで英会話・英作文が出来るようになる

語学学校バックワイズではTOEIC LR試験の公式問題集を使い、フィリピン人教師とのマンツーマンレッスンで英会話能力を高められます。その上でTOEIC試験の点数も短期間で大幅に高めることが出来ます。

日本で販売されている有名参考書を使い予習をしてからレッスンを受講するという反転授業の仕組み、そして日本人教師のサポートによって、3ヶ月でTOEIC200点アップという劇的な点数アップを可能にしています。

難易度が高いReading Partに関しては日本人教師のレッスンで英文法・英文読解の観点からサポートを行います。

他の語学学校では決して成し遂げられない学習目標

2ヶ月の語学留学で中学英文法をゼロから一通り習得できる。中学英文法に基づいた英会話が出来るようになる。

3ヶ月の語学留学で高校英文法を一通り習得できる。高校英文法に基づいた英会話が出来るようになる。

3ヶ月の語学留学でTOEIC200点を上げて、マンツーマンレッスンで英会話・英作文が出来るようになる

語学学校バックワイズに留学することで、上記の学習目標を達成出来ます。

上記の学習目標はフィリピン留学の他の語学学校では決して成し遂げられないものばかりです。

語学学校バックワイズに語学留学をすれば、上記の目標が実現可能です。

バックワイズの学習カリキュラム総責任者である柴田 @HAL_J は10年以上フィリピンの語学学校に関わっています。その10年以上の経験を踏まえた最新の学習カリキュラムを語学学校バックワイズで提供しております。

バックワイズはフィリピンのマニラ・ケソン市に在ります。韓国人との共同経営です。

バックワイズの紹介動画

バックワイズ学習面の特徴についてまとめた動画を公開しています。約5分間の動画でバックワイズが他のフィリピン留学の語学学校とどう違うのかを確認出来ます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Backwise共同代表(塾長)・学習カリキュラム担当。
「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」の著者で、セブ島にあった語学学校サウスピークの共同創業者でした。

目次