語学学校バックワイズのフィリピン留学/セブ島留学の事前学習制度について

フィリピン留学の長時間マンツーマンレッスンで英会話能力を高めるためには、日本にいる間からの準備が欠かせません。

準備不足でフィリピンに行ってしまうと「なんだかよく分からないままで留学生活が終わってしまった」ということになりかねません。

そうはならないように、語学学校バックワイズでは日本にいる間から英語学習を開始できる、フィリピン留学/セブ島留学のための事前学習制度を提供しています。

目次

海外に行くだけでは英語は身につけられない

もしかして海外に行けば英語が身につけられると思っていますか。

不誠実な語学学校スタッフや留学エージェントは「海外にいけばなんとかなりますよ」、というような甘い言葉ことを言うかもしれません。しかしそれは誤りです。

海外に行くだけでは英語は身につかないです。

海外に住むだけで英語が話せるようになると思っている人へ
「7割くらいの留学生は英語が話せないまま帰ってきますよ。」

https://twitter.com/koalaenglish180/status/1385844551370219528

これまで私がフィリピン留学・セブ島留学で見ている範囲では実は7割でも少なく、8-9割の語学留学生はまともに英語を話せるようにはなっていませんでした。

最初は頑張って他の国籍の生徒と交流しようとするのですが、結局英語力・英会話力が低すぎて日本人だけと交流して終わる人が大多数でした。

そうはならないように日本で基礎固めをする、事前学習をしてから語学留学を始めましょう。

フィリピン留学/セブ島留学向け事前学習制度とは

語学学校バックワイズが提供する事前学習制度を利用することで、留学開始前に、日本で英単語と英文法の知識を学習します。また、英語学習の仕方を学び、英語学習に慣れておきます。

このように日本にいる間から英語学習の助走を開始することで、フィリピン留学では1日8-10時間を無駄にすることなく活用が出来るようになります。

これまでに英語学習をしたことがない人がフィリピン留学でいきなり1日8-10時間の学習をしようとしてもうまくいきません。

フィリピン留学のマンツーマンレッスンを最大限に活用するためには、日本で事前に英単語や英文法について学んでおくことが強く推奨されています。また、英語学習それ自体にも慣れておく必要が有ります。

日本にいる間から英単語・英文法の基礎固めの学習をすることで、フィリピン留学のマンツーマンレッスンがより充実したものになり、英会話の能力を伸ばすことが出来ます。

フィリピン留学名物のマンツーマンレッスンを活用するために、事前学習レッスンを活用しましょう。 ※コロナ禍以前に撮影

事前学習制度 2つのメリット

事前学習制度は「英語力の伸び」に加えて「費用の節約」という点からも事前学習制度は有効です。

フィリピン留学/セブ島留学で事前学習をすることのメリット

メリット1. 英語4技能(聞く・読む・話す・書く)をバランス良く伸ばすことが出来る。また、受講できるレッスンの選択肢が増える。

メリット2. 日本国内で準備をするので、留学期間を短縮し、費用の節約が出来る。

それぞれについて順番に説明していきます。

あとは2022年の今だから言えるもう1つのメリットとは、「留学期間を短めにすることで、コロナ禍における留学のリスクを下げることが出来る。」というものも有ります。

事前学習制度の受講に関心を持たれた方は下記のオンライン説明会よりお申し込み下さい。

あわせて読みたい
オンライン留学説明会 【説明会の申し込みはこちらから】 語学学校バックワイズの説明会/相談会への参加を希望される場合には、下記のグーグルフォームよりお申し込みください。1営業日中に...

事前学習のメリット1. フィリピン留学のレッスンを最大限に活用出来る

当たり前の話ですが、英文法・英文読解についての知識がある中上級の学習者ほど、英会話・英作文の能力を伸ばすのが簡単です。

フィリピン人講師たちと仲良くなれるのも、基本的に英語でやり取りが出来る中級者以上の方々です。

一方、全く何の準備もせずに初級者の方がフィリピン留学に飛び込むのは、たとえサポートが手厚い学校であってもかなりの苦労することになります。

初級者がフィリピン人講師とのマンツーマンレッスンで意思疎通するのは大変です。

私がこれまでに接してきた数多くの留学生でも「英語力が初級レベル」「事前学習を全くしてこない」という2つの条件を満たしている場合、かなりの高確率で英語力を伸ばせないことが多かったです。

これではせっかくそれなりの金額を使ってのフィリピン留学をするのに、もったいないです。

話を戻すと、英語力がすでに高い学習者ほど、より難易度が高いレッスンを受講出来ます。

一方、英語力が低い初級者ですと、受けられるレッスンの種類が制限されます。一例としては、英会話がまともに出来ないレベルだと、グループレッスンが成立されられないので、バックワイズではグループレッスンが受けられなかったりします。

それではどの水準まで事前学習で英語力を上げておくのが理想的かを下記にまとめました。

日本での事前学習で到達しておきたい英語力

事前学習で到達しておくべき目標は下記の4段階になります。

  1. 中学英文法を一通り習得
  2. 高校英文法を一通り習得(≒TOEIC500点前後、英検2級)
  3. TOEIC LR試験で600点に到達
  4. TOEIC LR試験で800点に到達(≒英検準1級)

それぞれの目標について補足します。

目標(1) 中学英文法を一通り習得

中学英文法すら怪しい状態で、フィリピン留学に行くと下記のような状況になります。

https://twitter.com/rantrolove/status/1348953196216033283

ごく簡単な意思疎通が出来ないので、マンツーマンレッスンの講師も困っていますね。

準備期間がほとんどない初級者の方でも最低限目標(1) 中学英文法を一通り習得には到達しておくべきです。そうでないと、こういう気まずい雰囲気の中でのレッスンが最初の1-2ヶ月は続きます。

だいたい1-2ヶ月の日本での事前学習で中学英語は一通り復習出来ます。最低限ここはクリアーしてからフィリピン留学を開始しましょう。

中学英語を習得していないと、たとえどんなに素晴らしい語学学校を選んでも、ほぼ英会話は出来るようにならないです。

語学学校バックワイズでも中学英文法の習得が終わっていない場合だと、グループレッスン自体が成立しないため、グループレッスンの受講が出来なくなっています。

目標(2) 高校英文法を一通り習得(≒TOEIC500点前後、英検2級)

出来れば目標(2) 高校英文法を一通り習得(≒TOEIC500点前後、英検2級)まで到達してから現地入りすることが望ましいです。

中学英文法レベルだと、だいたい以下の動画のようなレッスンになってしまいますので。

TOEIC500点未満の英語力の方がオンライン英会話を受講するとだいたいこの動画のようになります。

コントにしていていますが、初級者の要素をよく押さえている動画です。

第5文型※が英会話では理解できない点など、初級者あるあるです。※第5文型(SVOC) “What makes you happy?” ※動画 0:08の箇所

なお第5文型(SVOC)は中学3年生が学ぶ内容になります。

中3英語をひとつひとつわかりやすく。改訂版 SVOCの第5文型に関して

フィリピン留学を開始する時点で、目標(2) 高校英文法を一通り習得(≒TOEIC500点前後、英検2級)に到達していれば、マンツーマンレッスンもより有意義なものにできます。

高校英文法までの復習を終えていたら、フィリピン人教師とのマンツーマンレッスン50分を最後までやりきることが出来ます。

また、高校英文法を習得してTOEIC400点以上に到達している場合、バックワイズではグループレッスンの受講が可能になります。TOEIC400点でギリギリグループレッスンが成立する英語力になります。

目標(3) TOEIC LR試験で600点に到達

フィリピン留学の開始までに3ヶ月以上の余裕が有る中級者以上の方は目標(3) TOEIC LR試験で600点に到達に到達されてから現地入りをすると、英会話能力を目覚ましい勢いで伸ばせます。

特にワーキングホリデーや、フィリピン留学後にアメリカ・カナダ・オーストラリア・イギリスへの留学を考えられている方々は、フィリピン留学開始前に目標(3) TOEIC LR試験で600点に到達しておくことが望ましいです。

英会話が文章単位で出来るようになるのは、また職場で必要とされる英会話能力が身につくのはこのTOEIC600点の基準を上回っている中級者の方々のみです。

語学学校バックワイズではTOEIC600点以上の留学生から、マンツーマンレッスンを1日3コマ受講可能になります。

TOEIC600点未満の英語力だと、マンツーマンレッスンは最大2コマまでに制限しています。なぜかというと、それ以上のマンツーマンレッスンを受講した場合、英文法の学習をする時間が確保出来なくなるためです。

ただ、このTOEIC600点ですとまだまだ中級者と見なされるスコアで有り、日本での就職・転職活動で不十分なスコアとして見なされる可能性があるため、マンツーマンレッスンの時間を2コマに制限して、TOEIC LR試験対策を行うことをバックワイズでは勧めています。

英会話・英作文のためのレッスンをより多く受講したい場合には、次の目標(4)まで到達しましょう。

目標(4) TOEIC LR試験で800点に到達(≒英検準1級)

この目標(4)まで到達している場合には、語学学校バックワイズでは全てのレッスンを制限なく受講出来るようになります。

TOEIC LR試験対策ではなく、英会話・英作文のためのレッスンを集中的に受講出来るようになります。

コロナ禍の影響もあって、語学学校バックワイズの事前学習カリキュラムで1年以上の学習を行い、目標(4) TOEIC LR試験で800点に到達(≒英検準1級)まで到達された方もおります。

理想的には下記の体験談のように、この目標(4)まで到達してから海外に行かれるのがお勧めです。

(語学学校バックワイズ・事前学習の体験談) 将来の留学に備え、1,000時間以上の基礎固めの英語学習を日本国内でやり遂げたリサさん

英語で英文法を学ぶのは大変

フィリピン留学前の事前学習プランをお勧めするの最大の理由は、英語で英文法を学ぶのは極めて困難だからです。

どのように大変かは英語で英文法を学べる書籍として日本でも人気があるEnglish Grammar in Useで見てみましょう。

本書の最初の項目、中学1年生で学ぶ現在進行形(Present continuous)についてのページを見てみましょう。

English Grammar in Useの現在進行形のページ

(最初の説明文) ※読むのが難しい人はここは飛ばして下さい。
Sarah is in her car. She is on her way to work.
She’s driving to work. (=She is driving…)
This means: she is driving now, at the time of speaking. The action is not finished.

中学レベルの英文法から学び直す人にとっては上記の文書を読むのはかなり大変なことではないでしょうか。

そもそも現在進行形(Present continuous)のcontinuousの意味が分からない人が大半かと思われます。

continuousはTOEIC600点、もしくは英検2級のレベルの難易度です。初級者には難しすぎる英単語です。

一方、日本の事前学習プランでは下記の教材、中1英語をひとつひとつわかりやすく。改訂版を使用します。

中1英語をひとつひとつわかりやすく。改訂版 現在進行形

初級者の方でいきなりフィリピン留学を始めた人の多くは下記のような感想を残されています。

  • 「授業が全く理解できなかった」
  • 「授業のことを思い出そうとしても全く分からなかったから、記憶にモヤがかかっているようだ」
  • 「レッスンが理解できなくて辛くて、毎朝泣いていた」
  • 「わけが分からないままに3ヶ月の留学期間が終わった」
  • 「留学エージェントが言っていたように、6ヶ月でペラペラになんてならなかった」

英文法を英語で学ぶのは本当に大変なことなのです。

もう1つ例として、高校英文法で学ぶことについても見てみましょう。

高校英文法を英語で学んでみると…現在分詞/過去分詞

下記は高校英文法で学ぶ現在分詞/過去分詞のEnglish Grammar in Use該当ページです。

分詞は日本語で学んでも理解があやふやな人が多いので、いきなりこれで学んだら理解できない人は続出することでしょう。

English Grammar in Useの分詞のページ

難しいですね。英語で英文法を学べるEnglish Grammar in UseはTOEIC800点、英検準1級以上の英語力を所持している上級者向けの教材だと言えます。

結論として、英文法は日本でいるうちに一通り学び直しておく、復習しておくことを強くお勧めします。

日本語で英文法を学んでおけば、現地で再び英語で説明されても理解できますので。「あのことを話しているのだな」、というように。

以上の理由から、英語力が初級でフィリピン留学を考えられている人には次に紹介している事前学習プランを本心からお勧めします。

そして、もし英文法の知識が欠けている状態で語学学校バックワイズに留学した場合、マンツーマンレッスンの時間を2コマ以下に減らし、減らした分の時間を使って英文法・英文読解についての自習学習の時間を多めに確保いただく必要が有ります。

事前学習をすることのメリット2. 留学期間・留学費用を大幅に節約出来る。

語学学校バックワイズが提供する事前学習制度を利用することで結果的に留学費用を抑え、また英語力もより高めることが出来ます。

「事前学習無しの留学計画」と「事前学習有りの留学計画」をそれぞれ比較してみましょう。

※フィリピン留学の料金は1人部屋(1ヶ月25万円)のものです。2022年は新型コロナウイルスへの対応で1人部屋プランが主体であるため、従来よりも料金がかなり高くなっています。4週留学で25-30万円前後の語学学校が多いです。

(A) フィリピン留学6ヶ月のみ ※初級者向け

  • 期間: フィリピン留学6ヶ月のみ。事前学習無し
  • 費用: フィリピン留学 授業料金 約150万円 + 航空券や生活費 約50-60万円 ⇒ 合計 200-210万円

フィリピン留学では英会話・英作文のアウトプットに重定を置いた学習がされるため、3ヶ月目以降は英会話も伸び悩む傾向が有ります。

フィリピン留学を長年利用している韓国人生徒達も2~3ヶ月程度で、フィリピン留学を終えるのが一般的です。

韓国人はフィリピン留学を終えた後に、アメリカ・カナダ・オーストラリアなどへ語学留学をする2カ国留学を行うことが一般的です。

6ヶ月のフィリピン留学はそもそも長すぎるのです。

フィリピンではしゃぐ。より。著者も4ヶ月目以降のフィリピン留学は惰性で過ごしていた。

すでに述べたように、英語で英文法を学ぶのは極めて困難であるため、初級者は英文法の学習で苦労することが多いです。

6ヶ月のフィリピン留学をしても、文章単位で英語を話せない人は珍しくありません。また、英会話のレッスンばかりの初級者の場合だと、TOEIC500点にすら到達できない人も珍しくありません。

留学エージェントは「半年もフィリピン留学をすれば、英会話はペラペラになります」といった宣伝文句を言うことがありますが、あれは嘘です。

(A)’ 事前学習6ヶ月+フィリピン留学2ヶ月 ※初級者向け

  • 期間: 事前学習6ヶ月 + フィリピン留学2ヶ月
  • 費用: 事前学習 約35万円 + フィリピン留学 約50万円 + 航空券や生活費 約15-20万円 ⇒ 合計 100-120万円

事前学習を組み合わせることで、6ヶ月のフィリピン留学プラン(約200-210万円)よりも100万円以上安く済ませることが出来ます。

2022年は新型コロナウイルスの影響が終わっていないため、現地での感染リスクを減らすことも考えるとこちらのプランが圧倒的にお勧めです。

日本で英単語・英文法の基礎知識をインプットして、2ヶ月のフィリピン留学で英会話・英作文のアウトプットに特化した学習をバランス良く行えます。

大学生であれば夏休み・春休みを利用することで、休学をすることなく、通常の長期休みを利用して英語力を伸ばせます。

インプット学習を事前に6ヶ月行うことで、アウトプットに特化している6ヶ月のフィリピン留学よりもバランス良く英語4技能(聞く・読む・話す・書く)の全てを伸ばすことが出来ます。

全くの初級者でも高校卒業程度の英語力(TOEIC500点、英検2級)を身につけることが出来ます。

事前学習で英文法・英文読解の学習をしていれば、英会話能力、またTOEIC Listening Partの点数を一気に伸ばせます。この場合、2ヶ月のフィリピン留学でTOEIC200点以上伸ばすことも十分に可能です。

フィリピン留学のみの6ヶ月だと…

一方、フィリピン留学6ヶ月のみのプランでは、英会話にレッスン内容が偏っているため、この英語力(TOEIC500点、英検2級)にはまず到達出来ません。

6ヶ月もの長期のフィリピン留学ですと、かならずどこかのタイミングでインプット学習の必要性を感じます。

英文法の理解が不足している場合には、マンツーマンレッスンの受講時間を減らして、自習学習で英文法の教材を読み進める必要が有ります。せっかくフィリピン留学をしているのに、日本で出来る勉強を海外現地ですることになります。

(B) 3ヶ月のフィリピン留学のみ ※中級者向け

  • 期間: フィリピン留学3ヶ月のみ。事前学習無し
  • 費用: フィリピン留学 約75万円+ 航空券や生活費 約30万円 ⇒ 合計 約105万円

フィリピン留学では英会話・英作文のアウトプットに重点を置いた学習がされるため、3ヶ月目以降は英会話も伸び悩む傾向が有ります。

また、中級者も英文法の学習で苦労することが多いです。フィリピン留学ではすでに述べたように英語で英文法を学ぶことになりますので。

こちらもすでに述べましたが、フィリピン留学を長年利用している韓国人生徒達も2~3ヶ月程度で、フィリピン留学を終えるのが一般的です。

フィリピンではしゃぐ。より。著者も4ヶ月目以降のフィリピン留学は惰性で過ごしていた。

(B)’ 事前学習3ヶ月+フィリピン留学1ヶ月 ※中級者向け

期間: 事前学習3ヶ月+フィリピン留学1ヶ月
費用: 事前学習 約19万円 + フィリピン留学 約25万円+ 航空券や生活費 約12-15万円 ⇒ 合計 56-59万円

事前学習を組み合わせることで、3ヶ月のフィリピン留学プラン(約105万円)よりも46-49万円ほど安く済ませることが出来ます。

日本で英単語・英文法の基礎知識をインプットして、1ヶ月のフィリピン留学で英会話・英作文のアウトプットに特化した学習をバランス良く行えます。

TOEIC500点の人であれば、3ヶ月の事前学習でTOEICを100点伸ばして、TOEIC600点に到達出来ます。

TOEICの点数を上げてからフィリピン留学をするので、英会話や現地での体験に特化した留学生活を送ること出来ます。

一方、フィリピン留学3ヶ月のみのプランでは、英会話にレッスン内容が偏っているため、この英語力(TOEIC600点)には到達出来ません。座学学習が必要であるReading Partの点数は伸ばせません。

また1ヶ月未満の滞在であれば、VISA費用や保険の費用も安く抑えることが可能です。通常、フィリピン留学では留学期間が2ヶ月未満であれば、ビザ費用をかなり安く抑えることが出来ます。

以上ここまでがバックワイズの事前学習制度のメリットになります。

事前学習制度の担当者について…語学学校バックワイズ共同代表、柴田浩幸 @HAL_J

(事前学習の担当者)

語学学校バックワイズの共同代表、柴田浩幸 @HAL_J 

コロナ禍前のメルボルンにて撮影

(柴田浩幸 @HAL_Jの経歴)

かつてセブ島にあった語学学校サウスピークの共同創業者として、学習カリキュラムの責任者でした(2013-2018まで)。そして、2022年夏に新たに開校する語学学校バックワイズの学習カリキュラム総責任者です。

サウスピーク時代には2,500人の留学生の個別学習カリキュラムを作成しました。

2013年サウスピーク開学時の写真

コロナ禍が起きる前にサウスピークを離れ、現在は日本でオンラインの英語学習塾ハルヨンを経営しながら、語学学校バックワイズの立ち上げ準備中。

著書は「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ

より詳しい経歴は次のリンク先ページを確認下さい 

あわせて読みたい
学習カリキュラム総責任者 【語学学校バックワイズ・学習カリキュラム総責任者】 語学学校バックワイズの学習カリキュラム総責任者であり、グループレッスンで英文法・英文読解の指導を行う柴田浩...

語学学校バックワイズの事前学習プラン

ハル英語4技能アカデミー(ハルヨン)が提供する事前学習プラン、レッスン時に撮影

ハル英語4技能アカデミー(ハルヨン)が提供する事前学習プランは全てオンラインレッスンであるため、日本全国から、また海外からの受講も可能です。

3ヶ月/6ヶ月の事前学習レッスン受講

語学学校バックワイズの事前学習レッスンは12週間/24週間プランが基本になります。

ただし、語学学校バックワイズへの留学が決まっている場合には、11週以下の期間での受講も可能です。

オンラインレッスンであるため、日本全国からの、また海外からの受講も可能です。

3ヶ月/6ヶ月の事前学習レッスンに含まれるプラン

(1)日本人教師によるグループレッスン 12回/24回(1回/週の頻度)

フィリピン留学では学びにくい、また独学でも学びにくい、英文法・英文読解を中心としたレッスンを行っています。

初級レベルでは、中学英語から高校英文法までの復習・学び直しに対応しています。

高校英文法では下記の分詞構文のように、大学入試レベルまでの学習が可能です。

高校英文法をひとつひとつわかりやすく。改訂版

分詞構文は英語で理屈を説明されても理解が極めて難しいので、日本語を学んでおくことをお勧めします。

また、TOEIC400点以上の中級者向けには実際のニュース記事を使用して、TOEIC試験向けボキャブラリー増強、また英会話対策を行っています。

パナソニック “選択的週休3日制目指す” PANASONIC TO INTRODUCE OPTIONAL 4-DAY WORK WEEK

この水準の記事がスラスラ読める段階まで到達してからフィリピン留学をすると、英会話能力を爆発的に伸ばすことが出来ます。※TOEIC600点~800点でスラスラと読めるようになります。

日本人教師によるグループレッスンは2部構成

  • (a)日本人教師による100分間のグループレッスン ※間に5分休憩有り
  • (b)(任意参加)前週のレッスン内容の定着度合いを確認するための、復習小テスト

※長時間のレッスン参加が難しい場合には(a)100分間のレッスンのみの参加が可能です。

※水曜夜と土曜日午前・午後に3クラスのレッスンを提供しています。

開講されている3クラスの詳細は下記記事を確認下さい。

(事前学習制度)レッスン内容・各クラスの紹介

(2)レッスン外のサポート。

レッスン内で分からなかった点についての質問をFacebookのコミュニティグループにて出来ます。

また、英語学習の仕方をまとめたマニュアルが有りますので、そのマニュアルに沿って英語学習を続けられるようにサポート致します。

(3)フィリピン人教師による英会話・英作文のマンツーマンレッスン

毎週2回、25分のマンツーマンレッスンを受講可能です。

英会話・英作文のレッスンが受講可能です。

フィリピン留学と同様のレッスンが日本国内にいる間から受講できますので、フィリピン留学に備えた実践的な準備学習が出来ます。

また、事前にマンツーマンレッスンを受けることで、フィリピン留学に行ってからのミスマッチを減らすことが出来ます。

マンツーマンレッスンで発音矯正レッスンの受講も可能です。

事前学習プラン 申込先

下記から通常のオンライン説明会にお申し込み下さい。

「フィリピン留学の語学学校は決まっていないけれど、とりあえず先にバックワイズが提供する事前学習を始めたい」という方もお申し込み可能です。

語学学校バックワイズ以外の語学学校へ留学される場合でも、事前学習プランの提供は可能です。

事前学習プランではフィリピン留学の失敗体験談、またコロナ禍で返金トラブルを起こした行ってはいけない地雷語学学校などの情報共有が可能です。

あわせて読みたい
オンライン留学説明会 【説明会の申し込みはこちらから】 語学学校バックワイズの説明会/相談会への参加を希望される場合には、下記のグーグルフォームよりお申し込みください。1営業日中に...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Backwise共同代表(塾長)・学習カリキュラム担当。
「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」の著者で、セブ島にあった語学学校サウスピークの共同創業者でした。

目次