バックワイズ/ハルヨンにおける英語学習の基本方針 – 英文読解重視・大量のインプット学習重視

Older is faster, Younger is better.
(日本語訳)年老いてからの方がより速い、若い方がより良い

上記は第2言語習得論(SLA: Second Language Acquisition)の書籍の中で紹介されていた言葉です。

外国語は若い時に英語を学ぶ方が良いです。

一方、成人してからの方が子供が英語を身につけるよりも実は短期間で英語身につけることが出来ます。それはなぜかというと、理屈を踏まえながら順番に効率よく座学学習が出来るからです。

実際、子供よりも大人の方が速くPDCAサイクルを回すことが出来ますので、成長速度は速いです。

語学学校バックワイズ/オンラインレッスンのハルヨンの学習カリキュラムは、意図的にそうしたわけではありませんが、結果的に第2言語習得論(SLA)で提唱されているのと同じ考え方のものになりました。

第2言語習得論(SLA)で提唱されている英語学習の柱となる2つの方針について本記事で紹介します。

(記事の執筆者)この記事の執筆者は「2ヶ月で中学英文法を学び直せる」「3ヶ月で高校英文法を学び直せる」「3ヶ月の語学留学でTOEIC200点を上げて、マンツーマンレッスンで英会話・英作文が出来るようになる」フィリピン留学の語学学校バックワイズ大人の英語学び直し・オンライレッスンのハルヨンの学習カリキュラム総責任者の柴田 @halj です。

バックワイズ、ハルヨンの詳細を知りたい方はページ最後にある「語学学校バックワイズを3分で紹介!」と「問い合わせ先」を確認ください。

目次

柱1: 英文法・英文読解の学習を重視

最初の柱となる方針の1つは英文法・英文読解の重視です。

バックワイズ/ハルヨンでは英文法・英文読解の学習を重視しています。

レッスンを通じて、英文を正確に理解しながら読めるようになってもらいます。

例えば、「高校英文法習得/TOEIC600点突破クラス」のレッスンノートを下記に載せますが、ここで書き込まれている内容を受講生の方々には理解していただきます。

最後の一行に注目(That would be great. Was there anything else?)。仮定法過去、へりくだりの過去形の表現が理解できるかを意識しながら英文を読んでみてください。

多くの英会話学校・TOEIC試験対策スクールではこのような地道な英文法・英文読解の学習が後回しにされがちです。

一方、バックワイズ/ハルヨンでは英文法・英文読解を最重要視しています。

実際、バックワイズ/ハルヨンの学習カリキュラムを作成する際にも、またクラス分けを行う際にも、英文法・英文読解がどれだけ出来るのかを判断の指標※に設定しています。

※クラス分けは英文法・英文読解の理解度、TOEIC LR試験のReading Partの点数を指標にしています。

一方、Listening Partの点数は当てずっぽうでも高得点になることがあるため、あくまで参考程度に留めています。

英会話にも英文法・英文読解が欠かせない

バックワイズ/ハルヨンには他者の英会話学校から転校してくる生徒の方々が一定数います。

なぜ転校してくるかというと、英会話レッスンを受講するにしても英文法を理解していないと英会話能力が上達しないことを実感し、そして「英文法・英文読解の学習を重視」に共感されて転校してきます。

以下が英会話が出来るようになるまでの手順です。

  1. 使用したいと思っている英単語・英語表現が含まれている英文を読んで、英文法・英文読解の観点からも論理的に理解出来る
  2. その英文を聞いて理解出来る
  3. その英文を自分で音読出来る
  4. 何も見ずにその英文を暗唱出来る

⇒上記の全ての手順が出来るようになって始めて、使用したいと思っている英単語・英語表現を使った英会話が出来るようになります。

そして手順①は英文法・英文読解についてです。この最初の手順を飛ばすと英語4技能(聞く・読む・話す・書く)の全てが中途半端にしか身に付かないのです。

英文読解が出来ないとどうなるか

英文法・英文読解の理解が足りない場合、英会話だけでなく英語4技能(聞く・読む・話す・書く)の全てを伸ばすことが出来ません。

英文法・英文読解の理解が怪しい学習者の場合、下記のようになります。

英語を聴く: 応用表現に弱い。新しい表現を学べない

すでに知っている、決まった定形表現は聴けるが、それを少しでも応用されると理解が出来なくなり、聞き取れません。

英文法・英文読解が分かっていないため、結局全てそのまま丸暗記し続けなければ新しい表現を学べません。学習の効率がとても悪いです。

英文を見ながら、リスニング学習をして新しい英文を定着させていくのが最も効率の良いリスニング学習なのですが、英文法・英文読解の知識が無ければこの学習法を十分に実践することが出来ません。

英語を話す: 丸暗記した表現以外使いこなせない

「英語を聴く」と同様に、自分が丸暗記した表現・やり取りしか出来ません。新しい英文を自ら組み立てながら話すことが出来ません。

英会話学校やオンライン英会話を長年受講しても英会話が満足に出来ない人達はこのパターンです。自分の得意な話題から外れた瞬間に、まともにやり取りできなくなります。

自己紹介だけがやたらと上手いので、英語力が低い人からすると一見すると英会話が流暢な人に見えます。

海外に在住していた帰国子女にも一定数このパターンの人達がいます。自分の得意な話題であれば流暢に話せますが、それ以外だと沈黙します。

そういう帰国子女達は数年間英語圏に暮らしていたにも関わらず、TOEIC LR試験で800点を超える事ができません。

特に英文法・英文読解が苦手な人達の場合だと、Reading Partで300点を超えることすらできません。このパターンの帰国子女は日本語も苦手な場合が多く、日本語も英語もできない「ダブルリミテッド」「セミリンガル」になっています。

英語で書く: 最も苦手。まともな英文が書けない。

英文法・英文読解の知識が無ければまともな英文を書くことは出来ません。

英文読解が出来ない人の場合、この英語で書く能力(Writing)が英語4技能(聞く・読む・話す・書く)で最も低い能力であることが多いです。

英作文は英会話ではごまかせていた細かなミスが全て露呈します。英文読解の出来ない人の英作文は無残としか言いようがないものです。語彙が不足しているので、同じ表現を連発します。

こちらも英会話同様に、自分が丸暗記した表現・やり取りであれば書けます。それ以外の英文を書こうとすると崩壊します。

特に時制や冠詞、品詞が崩壊しています。英文を読んで新しい英語表現を身につけられないため、英語力を高めることも出来ません。

英文読解が英語4技能(聞く・読む・話す・書く)の土台である

ここまで英文読解・英文法が出来ない場合にどうなるのかを記してきました。

大人が英語を学ぶ際、英語4技能(聞く・読む・話す・書く)を学ぶ際に全ての土台になるのは、英語を読む能力です。そのため英文法・英文読解の知識が十分な人であれば、英語力は早期に高めることが出来ます。

日本の通訳者・英語教育学者・通訳学者である鳥飼玖美子先生も同じ趣旨の発言をされていました。「読むこと(英文法・英文読解)は出発点」と。

外国語の技能は全て連動していますが、読むことは出発点。読めなければ書けないし聞いても分からない。会話の定型表現を覚えることも大事だけど、それだけでは応用がきかない。自分の考えを述べるには、単語をどうつなげて文にするかを学ぶ文法が必要だし語彙も要る。

英文法・英文読解が苦手な人の場合だと、英会話が出来るようになるのにもそれなりに時間がかかります。なぜなら高校英文法から、場合によっては中学英文法から、学び直す必要があるためです。

バックワイズ/ハルヨンではこの英文法・英文読解の学び直しを重点的にサポートしています。

※下記は未来の仮定法の表現。このレベルの英文法を生徒全員に身に着けてもらいます。

柱2: 耳と目からの大量のインプット学習

隙間時間・移動時間を活用して毎日2時間の定着学習

語学学校バックワイズ/オンラインレッスンのハルヨンの学習カリキュラムのもう1つの柱は「耳と目からの大量のインプット学習」です。

座学学習(英文法・英文読解の学習)によって不明な点を無くした英文を、黙読・リスニング・音読の学習で定着させていきます。

バックワイズの日本での事前学習レッスン、またハルヨンの受講生には、この定着学習(黙読・リスニング・音読・暗唱の学習)を毎日2時間※を目標に行っていただきます。 ※フィリピン留学・バックワイズに留学中の生徒の場合は毎日4-7時間。

ただし、この2時間は隙間時間・移動時間を活用して行ってもらうものことを想定しているため、働きながらでもこなせる分量になっています。机に毎日長時間座って勉強しなければならない、というわけでは有りません。

これまでなんとなくスマートフォンを惰性で触っていた隙間時間、何も聞かずに歩いていた時間、こういった時間を勉強時間に変えてもらい、2時間の時間を捻出します。

仮に片道30分の通勤時間だった場合、その時間をリスニング学習の時間に充てれば、往復1時間の学習時間になります。

下記画像のようにGoodNotes 5でいろいろと書き込んだ教材をスマートフォンで読み込み、隙間時間に定着学習(黙読・リスニング・音読・暗唱の学習)を行いましょう。

このように現在であればスマートフォンを使いこなせば、いちいち教材を持ち歩く必要は有りません。

スマートフォンを使って1日2時間のリスニング学習を行う方法の詳細については下記のAudipoの記事の内容を参考にしてください。

あわせて読みたい
Audipo…英語のリスニング学習で必ず使用するべき「区間再生」「再生速度の変更」が備わっているスマホア... 現在の英語のリスニング学習において「区間再生」「再生速度の変更」の機能は欠かせません。 「区間再生」「再生速度の変更」の機能の使用有無で、英語学習の効率が文字...

時短学習は全て詐欺。英語を身につけるのには時間がかかる。

インターネット上の広告でもいまだに見かけますが、1ヶ月や2ヶ月といった短期間だけ本気を出しても英語は身につけられません。そのような時短学習は存在しません。それらは詐欺広告です。

あわせて読みたい
「1日1時間の学習でも英語が驚くほど伸びる!」 – 「時短学習」を売りにした詐欺的な広告に要注意 【「時短学習」を売りにした詐欺的な広告に要注意】 SNSで英語学習に関する広告を見ていると、うんざりするくらいに詐欺的な広告が頻繁に登場してきます。 英語学習の専...

英語学習を本気でしたことがある場合、時短学習のような都合の良い話は存在しないことは明らかです。

「1日1時間の学習を1ヶ月続けただけで英語を身につけられた」という夢みたいな話。世の中には存在しません。

英語を本当に身に付けたいのであれば、少なくとも毎日2時間、6ヶ月は集中的に英語学習に取り組む必要があります。

オンラインレッスンのハルヨンだと6ヶ月(24週間)で約500時間※の英語学習を行っていただきます。※この時間数の大半は隙間時間・移動時間のリスニング学習になります。

フィリピン留学の語学学校バックワイズの場合だと3ヶ月(12週間)で約700時間の英語学習を行っていただきます。

TOEIC400点⇒600点まで上げるのに必要な時間: 500から600時間

下記がTOEIC LR試験で100点得点を上げるのに必要な時間です。

【TOEIC LR試験 100点を上げる勉強時間の目安】
200点から300点 ⇒ 300〜400時間 ※英語力ゼロの状態から開始する場合、さらに時間がかかります。
300点から400点 ⇒ 300〜400時間 ※345点以下の方はさらに時間がかかる可能性有り。
400点から500点 ⇒ 250〜300時間
500点から600点 ⇒ 250〜300時間
600点から700点 ⇒ 250〜300時間
700点から800点 ⇒ 500〜600時間
800点から900点 ⇒ 500〜600時間

専門家の指導がなく独学で学習計画を立てた場合、だいたい迷走します。独学の場合にはここで書かれている時間の1.5~3倍はかかる可能性が有ります。

時間を無駄にしたくない方は、基礎力を確実に上げてくれる英文法・英文読解・発音学習に力を入れているTOEIC LR試験対策スクールを選ぶと良いでしょう。

例えばTOEIC400点から600点まで伸ばすのには500時間~600時間はかかることを想定して学習計画を立てましょう。

1日3時間の勉強で167日(約5ヶ月半)~約200日(約6ヶ月半)の期間が必要になります

TOEIC800点以上のグループが一番勉強時間が長い

TOEICの団体が公開している「英語活用実態調査2019」を見てみると、興味深いデータがありました。

ビジネスパーソンの英語学習スタイルのデータを見ると「1週間のうち英語の学習にあてる時間は、全体では平均3時間42分だったが、TOEIC L&Rスコア帯別にみると『800点以上』が6時間4分と特に長いことが分かった。

点数別に平均学習時間を並べるとこうなります。

点数別・平均学習時間
  • TOEIC800点以上: 平均時間3時間42分
  • TOEIC600点~800点未満: 平均時間2時間42分
  • TOEIC600点未満: 平均時間2時間40分

英語力が一番高い上級者グループの人達こそが一番勉強時間が長いのです。

「勉強時間が長いからこそ上級者になれた」のかなと私は推測しました。

初級者の方はいきなり全部上級者並に勉強することはできないでしょうが、この「上級者ほど勉強時間が長い」というデータを踏まえた上で英語学習に取り組んで下さい。

英語力を維持するためには筋トレのように英語学習を続ける必要がある

英語学習は継続して続けなければ、現在の英語力もどんどんと衰えていきます。

昔にTOEIC800点を取ったけれど、いまはTOEIC600点くらいという人はけっこういます。英語力は劣化します。

これは普段手書きで漢字を書かない人が、漢字を書けなくなっていくのと同じことです。英語力を維持するためには、英文を読み、聞き続けることをしなくてはなりません。

毎日最低1時間は英語に触れ続けないと英語力は維持出来ません。

仮に英語圏で生活していても、英語学習をし、英語を実践する機会が無ければどんどんと英語力は落ちていきます。

私自身の周りにも海外生活を何年もしているけれど、英語力は全然上がっていないという人は全く珍しくないです。

逆を言うと、英語を読み、聴き続けていれば、日本にいても英語力は維持・向上させられます。

日本で勉強を続けれていれば、英会話・英作文の能力も衰えません。むしろ人によってはさらに英語力を向上させることすら可能です。海外にいなくても、日本国内であっても英語は身につけられます。

バックワイズ/ハルヨンでの学習期間が終了した後にも受講者が英語学習を続けられるように、私は自習学習の習慣化も学習カリキュラムに含めています。

毎日の歯磨きしないと気持ち悪いと感じるのと同様に、隙間時間に英語を聴いていないと気持ち悪いと思えるようになっていただきます。

語学学校バックワイズへのお問い合わせ・お申し込み

語学学校バックワイズへ留学されることを希望される方は下記のいずれかよりお問い合わせ・お申し込みください。

LINEでのお問い合わせ/お申し込み

LINEでは下記よりお問い合わせください。代表の樫原が迅速に対応致します。

ID:@oqr4010l

メールでのお問い合わせ/お申し込み

メールでのお問い合わせは下記リンク先記事のメールフォーム(リンク先ページの下段)よりご連絡ください。

MQESA
お問い合わせ・お申込み | MQESA 留学のお申込みやご質問は、LINEまたはメールフォームよりご連絡ください。 公式LINEでお問い合わせ ID:@oqr4010l LINE登録 ID検索の場合は、下記の手順で登録できます。 ...

オンライン説明会へのお申し込み

まとまった時間を使ってより詳しく語学学校バックワイズについて知りたい方向けオンライン説明会を実施しております。

語学学校バックワイズを希望する場合には、自分のレベルに合った説明会を選択ください。ただし、日本での事前学習レッスンを体験されたい方はレベルを問わず「中級者~上級者向け説明会」にお申し込みください。

あわせて読みたい
オンライン留学説明会 【説明会の申し込みはこちらから】 語学学校バックワイズの説明会/相談会への参加を希望される場合には、下記の予約システムよりお申し込みください。1営業日中に説明...

語学学校バックワイズを3分で紹介!

語学学校バックワイズは「中学1年生の基礎の基礎から学び直したい初級者」から「TOEIC800点以上の上級者」まで受け入れている語学学校です。

フィリピン留学で最も英語力を伸ばせる語学学校 – 実際の教材と学習体験談を紹介

2ヶ月の語学留学で中学英文法をゼロから一通り習得できる。中学英文法に基づいた英会話が出来るようになる。

中学1年生の初級レベルから日本で販売されている有名参考書を使って日本人教師のサポートによって学ぶことが出来るのが語学学校バックワイズの大きな強みです。

日本語の教材を使い、be動詞の使い分け(am, are, is)から学び直せます。

下記は実際に英語力ゼロからフィリピン留学をし、3週間で中学1年生が学ぶ英文法の学習を終えられた方の学習体験談

あわせて読みたい
俳優の平塚真介さん、3週間のフィリピン留学で知識ゼロから中学1年生の英文法範囲を終了 平塚真介さん年齢 : 40代職業: 俳優   平塚真介   @shinsukehiratsuka   @hira_since_4申し込み時点の英語力: 中学1年生レベルの最初の方(be動詞、一般動詞の使い分...

同じく中学1年生の英文法から学び直し、高校英文法まで学習された方の学習体験談

あわせて読みたい
40歳を過ぎてから中学1年生の英文法から学び直して、高校英文法の半分の範囲までを学習されたTetsuさん ... 申込み時点の英語力: 中学1年生レベルの理解が怪しかった(TOEIC250点未満の英語力)留学期間: 事前学習レッスン 12週間 + バックワイズでのフィリピン留学 12週間名前: T...

3ヶ月の語学留学で高校英文法を一通り習得できる。高校英文法に基づいた英会話が出来るようになる。

英語で高度な英文法を学ぶのは極めて難易度が高いです。

語学学校バックワイズでは日本で販売されている有名参考書を使って日本人教師のサポートによって、中学3年生レベルの知識がある方であれば、3ヶ月の留学期間で高校英文法を一通り学び直せます。

下記は英会話で使いたい”助動詞+have+過去分詞”。このレベルの表現を英会話で使いこなせるのが中級者以上の人たちです。

英文読解には欠かせない分詞構文も日本語で学べます。

3ヶ月の語学留学でTOEIC200点を上げて、マンツーマンレッスンで英会話・英作文が出来るようになる

語学学校バックワイズではTOEIC LR試験の公式問題集を使い、フィリピン人教師とのマンツーマンレッスンで英会話能力を高められます。その上でTOEIC試験の点数も短期間で大幅に高めることが出来ます。

日本で販売されている有名参考書を使い予習をしてからレッスンを受講するという反転授業の仕組み、そして日本人教師のサポートによって、3ヶ月でTOEIC200点アップという劇的な点数アップを可能にしています。

難易度が高いReading Partに関しては日本人教師のレッスンで英文法・英文読解の観点からサポートを行います。

他の語学学校では決して成し遂げられない学習目標

2ヶ月の語学留学で中学英文法をゼロから一通り習得できる。中学英文法に基づいた英会話が出来るようになる。

3ヶ月の語学留学で高校英文法を一通り習得できる。高校英文法に基づいた英会話が出来るようになる。

3ヶ月の語学留学でTOEIC200点を上げて、マンツーマンレッスンで英会話・英作文が出来るようになる

語学学校バックワイズに留学することで、上記の学習目標を達成出来ます。

上記の学習目標はフィリピン留学の他の語学学校では決して成し遂げられないものばかりです。

語学学校バックワイズに語学留学をすれば、上記の目標が実現可能です。

バックワイズの学習カリキュラム総責任者である柴田 @HAL_J は10年以上フィリピンの語学学校に関わっています。その10年以上の経験を踏まえた最新の学習カリキュラムを語学学校バックワイズで提供しております。

バックワイズはフィリピンのマニラ・ケソン市に在ります。韓国人との共同経営です。

バックワイズの紹介動画

バックワイズ学習面の特徴についてまとめた動画を公開しています。約5分間の動画でバックワイズが他のフィリピン留学の語学学校とどう違うのかを確認出来ます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Backwise共同代表(塾長)・学習カリキュラム担当。
「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」の著者で、セブ島にあった語学学校サウスピークの共同創業者でした。

コメント

コメント一覧 (2件)

目次