母国語でない英語で複雑な概念を学ぶのは上級者でも難易度が高い。

フィリピン留学を含めて、アメリカ・カナダ・オーストラリア・イギリスの語学学校に行った場合、英語で英文法について学ぶことになります。

日本人が母国語でない英語で英文法を学ぶことはがはたして有効な学習方法なのでしょうか。

目次

会話でよく使う助動詞 Can you ~? Could you ~?

最初に中学1年生と中学2年生が学ぶ会話でよく使用する、相手になにかをお願いする表現 “Can you ~?” “Could you ~?” について見てみましょう。

日本語で書かれた参考書だとこうです。

中学生が学ぶ参考書なので分かりやすいですね。

英語で英文法を学ぶ教材だと下記の通りです。※難しい場合には画像は飛ばして大丈夫です。

初級者・中級者の人にとってはかなり難しく感じられたのではないでしょうか。

最初の説明文をスッと理解するのには高校2年生くらいの英語力が必要です。

We use can to say that something is possible or allowed, or that somebody has the ability to do something. We use can + Infinitive (can do / can see etc.):

このように日本語で学べば易しい英文法であっても、英語で学ぶとなると初級者・中級者の人にとっては理解するのがとても大変です。

また、日本で販売されている英語参考書と比べると英語版は文字が多めになっているので、その点でも初級者にとっては学びにくい内容になっています。

仮定法過去を英語で学ぶ

もう1つ例を挙げます。助動詞よりも難しい、英語学習で挫折する人が多い「仮定法過去」について見てみましょう。

「仮定法過去」は現在の学習カリキュラムであれば、中学3年生が学ぶ内容です。

それぞれ日本語で学ぶ場合と英語で学ぶ場合のテキストを見比べて見ましょう。

英語のテキストは読んで目がクラクラした場合は読み飛ばしても問題有りません。

中3英語をひとつひとつわかりやすく。改訂版

上記のイラストで書かれている内容を英語で学ぶと下記のようになります。

If 主語 過去形, 主語 would/could/might 原形“の仮定法過去の公式を覚えるだけであれば、英語版テキストでもなんとか理解出来るかなと思います。

English Grammar in Use 5th edition Book with answers and interactive ebook
English Grammar in Use 5th edition Book with answers and interactive ebook

画像2枚目の冒頭にある説明文で仮定法過去の定義が説明されています。

When we talk about something that will not happen, or we don’t expect that it will happen, we use if + past (if we went / if there was etc.). But the meaning is not past:

If 主語 過去形, 主語 would/could/might 原形“の仮定法過去の公式がすでに頭に入っている人であれば、この英文も理解できるかもしれません。

でも、「なぜ仮定法が過去形を使うのか」というより根源的な疑問を解決する場合、英語で書かれた英文法の教材を読み進める必要が有ります。そしてそれは極めて難しいことです。

一億人の英文法「仮定法はなぜ過去形を使うのか」

ここで日本でベストセラーになっている英文法の参考書、一億人の英文法を使って、仮定法がなぜ過去形を使うのかを解説しているページを見てみましょう。

一億人の英文法

現在から離れている過去形の距離感を使って、現実離れである仮定法を表現しているという説明が分かりやすくされています。

上記のような複雑な概念を英語で説明されると理解は極めて難しいです。

入門英文問題精講 仮定法過去、大学入試水準の高難易度の英文で使われていると

下記は大学入試で登場する英文を詳細に品詞分解し解説しているベストセラー参考書、入門英文問題精講で仮定法過去が使われているページです。これは難易度が高めの英文です。

ただし難易度が高めといっても、TOEIC LR試験で600点、英検2級を獲得している学習者であれば理解できるレベルの英文です。

この水準の英文を理解していないと、TOEIC600点以上の中級以上のレベルには到達できません。

上記画像の「仮定法過去」のように、複雑な構造の英文の中で、概念が複雑な仮定法が登場すると読み解くのは大変です。

この英文は日本語で解説されれば、TOEIC500点、英検準2級くらいの英語力でも読み解けます。

でもここで書かれている内容を英語で解説された場合、理解するためにはTOEIC900点でも歯が立たず、英検1級以上の英語力が必要です。infinitive(不定詞)、subordinate clause(従属節)といった専門用語を理解する必要がありますので。

難易度が高い英文、難易度が高い英文法の概念を母国語ではない英語で教わるのは相当難易度が高いです。

オンライン英会話/フィリピン留学を担当するフィリピン人教師にとっても仮定法過去は難しい

英語を公用語としているフィリピン人でもスラスラと仮定法過去を含む筆記試験問題を解けるのは2割未満(語学学校に求職してくる人たちの中での割合)です。

語学学校の採用試験(筆記試験)の結果を私は現場で見ていますが、「2割未満」だろうなと推測しています。

そのため、フィリピン留学のマンツーマンレッスンで大学受験レベルの難易度が高い英文法について学ぶことは不可能と言っても過言では有りません。

特に出どころ不明の白黒コピー海賊版教材を使っている場合には、3-6ヶ月の中長期の語学留学をしていても、高校英文法を使用したレベルでの英会話は出来るようになりません。

フィリピン留学の悪しき名物、白黒コピーの海賊版教材

この場合だと中学で学ぶ英文法に基づいたとてもシンプルな文章の組み立てが出来るようになるのがせいぜいです。しかも、満足に指導されていない場合だと、時制の間違いなど基本的な間違いがとても多いです。

日本人教師からの英文法の指導を受けず、フィリピン留学の長時間マンツーマンレッスンを受ければそれだけでなんとかなると考えていた留学生達の英語力を確認すると、私は毎回とても居たたまれない思いをします。

2-3ヶ月の期間(8-12週間)、韓国系語学学校に通っていたけれど、結局中学1年生レベルの英文法も満足に理解していないという事例は本当によくあるフィリピン留学失敗体験談です。

英語で英文法を説明されても初級者は全く理解できないですから。

(参考体験談)

あわせて読みたい
2回目のフィリピン留学では英文法を日本語で学べるバックワイズを選んだShinsakuさん 名前: Shinsakuさん ※写真、左から2人目属性: 20代、男性、大学生申込み時点の英語力: TOEIC610点(L375, R235※)  ※Reading PartがListening Partよりも100点以上低い...

語学学校バックワイズではこういった長時間マンツーマンマンツーマンレッスンによるフィリピン留学の失敗事例を多数見てきたために、海賊版教材を使わず、日本人教師の英文法レッスンを導入しました。

フィリピン留学の海賊版問題については、下記の記事で詳細をまとめているので確認下さい。

あわせて読みたい
語学学校バックワイズの特徴1…日本で販売されている品質の高い英語参考書を使用できます。 【英語学習で最も重要なものは「どの教材を使って学ぶか」です。】 英語学習で最も重要なものは「どの教材を使って学ぶか」です。 「自分のレベルに合っていない学習教...

重要なことなので繰り返しますが、フィリピン留学のフィリピン人教師によるマンツーマンレッスンだけでは、難易度が高い英文法・英文読解について学ぶことはできないです。

初級者の場合は難易度が低めの中学英文法すら学ぶことが出来ません。

英文法についての理解が浅い状態でいくら長時間マンツーマンレッスンを受けても、英会話・英作文の能力は一定以上(高校英文法レベル)のものを使いこなせるようになることは有りません。

アメリカ・オーストラリアの語学学校も同じ問題を抱えている

私自身、過去にアメリカ・オーストラリア・フィリピンの語学学校の最上級クラスをそれぞれ体験したことが有りますが、日本の大学受験参考書以上に詳しい英文解釈のレッスンは無かったです。

教えている側の英語を母国語とする教師も背景が異なる多国籍の生徒に高度な概念を教えることを最初から諦めているように見えました。

そのため、レッスン中では英文のパターンや新たな英単語・英語表現を学ぶことに力点を置かれていました。

下記はIELTS試験のWriting対策のレッスン中に撮影したホワイトボードです。

このレッスンでは文章を繋ぐ副詞を練習しました。

(青文字で書かれているものが文章を繋ぐ副詞) Firstly, Secondly, Following that, then, In the next step, After that, Finally, Overall

オーストラリア・メルボルンの語学学校のレッスン

このようなレッスンであれば、英文法について深く解説する必要はなく、生徒はWritingの型(パターン)を覚えてしまえば、IELTS試験で高得点を取ることが出来ます。

結論として、英語で英文法を学ぶのは苦労ばかり。しかも浅い概念しか学ぶことが出来ない、学べるのは新たな英単語・英語表現が精一杯。

そもそもの基礎固めとして英文法を学ぶ場合には日本語で学ぶことを強くお勧めします。

語学学校バックワイズへのお問い合わせ・お申し込み

語学学校バックワイズへ留学されることを希望される方はLINE、メール、オンライン説明会/対面説明会、いずれかよりお問い合わせ・お申し込みください。

LINEでのお問い合わせ/お申し込み

LINEでは下記よりお問い合わせください。代表の樫原が迅速に対応致します。

ID:@oqr4010l

メールでのお問い合わせ/お申し込み

メールでのお問い合わせは下記リンク先記事のメールフォーム(リンク先ページの下段)よりご連絡ください。

MQESA
お問い合わせ・お申込み | MQESA 留学のお申込みやご質問は、LINEまたはメールフォームよりご連絡ください。 公式LINEでお問い合わせ ID:@oqr4010l LINE登録 ID検索の場合は、下記の手順で登録できます。 ...

オンライン説明会/対面説明会へのお申し込み

まとまった時間を使ってより詳しく語学学校バックワイズについて知りたい方向けにオンライン説明会/対面説明会を実施しております。

対面説明会は関西(大阪・東梅田、京都・四条烏丸、神戸・三宮)で定期的に行っております。関東での実施を希望される場合にはLINEかメールで個別にお問い合わせ下さい。

あわせて読みたい
オンライン留学説明会 語学学校バックワイズの説明会/相談会への参加を希望される場合には、下記の予約システムよりお申し込みください。1営業日中に説明会参加の詳細を返信致します。 説明...

語学学校バックワイズを3分で紹介! – 日本語教材が使えて、日本人教師がいる唯一の語学学校

語学学校バックワイズはフィリピン留学で「日本語で書かれた教材を使用」し、「日本人の英語教師がレッスンを行う」唯一の語学学校です。

「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」を出版した著書が最適な英語参考書を選び、その参考書を使った授業を提供しております。

日本語教材と日本人教師のサポートによって、語学学校バックワイズではフィリピン人教師達とのマンツーマンレッスンを最大限に活用出来ます。

そしてバックワイズは「中学1年生の基礎の基礎から学び直したい初級者」から「TOEIC900点以上の上級者」まで受け入れている語学学校です。

フィリピン留学で最も英語力を伸ばせる語学学校 – 実際の教材と学習体験談を紹介

下記の3つのレベルに応じてそれぞれ紹介しているのでご自身に合ったレベルの記述を読み進めて下さい。

(1) 中学生が学ぶ英文法レベルから学び直す場合
(2) 高校英文法レベルから学び直す場合
(3) 3ヶ月でTOEIC200点アップを目指す
(4) TOEIC800点以上の上級者クラスでは実践的なニュースレッスンを実施

(1) 中学生が学ぶ英文法レベルから学び直す場合

大多数のフィリピン留学の学習者が中学英文法から学び直しています。

中学1年生までの英文法を学べば英語アレルギーは無くなり、最低限の英会話が出来るようになります。

中学3年生までの英文法を学べば海外旅行や日常生活で簡単な英会話が使いこなせるようになります。

中学1年生の初級レベルから日本で販売されている有名参考書を使って、日本人教師のサポートによって学ぶことが出来るのが語学学校バックワイズの大きな強みです。

フィリピン留学やその他の国々の語学学校では下記教材のように英語で英文法を学びます。見ればすぐに分かりますが、英語で学ぶ教材では初級者・中級者が学ぶのは極めて困難です。不可能であるとすら言えます。

下記は中学1年生~中学2年生が学ぶ助動詞 can, could についてです。

一方、語学学校バックワイズでは日本語教材を使用します。同じく「中学1年生~中学2年生が学ぶ助動詞 can, could について」ですが、理解度が全然違うのが一目瞭然かと思います。

そしてこの教材をどのように使えば良いのかに関しても日本人教師が毎週のレッスンを通じて指導し、その上でフィリピン人教師とのマンツーマンレッスンで学んだ表現を使いこなせるように練習をします。

また、バックワイズでは発音矯正のレッスンにも力を入れています。下記はYoutuberの方が発音矯正レッスンを受講されている際の様子です。

このようにして語学学校バックワイズでは

2ヶ月の語学留学で中学英文法をゼロから一通り習得できる。中学英文法に基づいた英会話が出来るようになる。

という学習目標を達成出来るようにしています。

実際に英語力ゼロからフィリピン留学をし、3週間で中学1年生が学ぶ英文法の学習を終えられた方の学習体験談を下記に紹介します。

あわせて読みたい
俳優の平塚真介さん、3週間のフィリピン留学で知識ゼロから中学1年生の英文法範囲を終了 平塚真介さん年齢 : 40代職業: 俳優   平塚真介   @shinsukehiratsuka   @hira_since_4申し込み時点の英語力: 中学1年生レベルの最初の方(be動詞、一般動詞の使い分...

同じく中学1年生の英文法から学び直し、高校英文法まで学習された方の学習体験談

あわせて読みたい
40歳を過ぎてから中学1年生の英文法から学び直して、高校英文法の半分の範囲までを学習されたTetsuさん ... 申込み時点の英語力: 中学1年生レベルの理解が怪しかった(TOEIC250点未満の英語力)留学期間: 事前学習レッスン 12週間 + バックワイズでのフィリピン留学 12週間名前: T...

(2) 高校英文法レベルから学び直す場合

英語で高校英文法を学ぶのは極めて難易度が高いです。

フィリピン留学やその他の国の語学が留学では下記教材のように英語で英文法を学びます。見ればすぐに分かりますが、この教材で学ぶのは上級者でもかなり困難です。

高校英文法の難関の1つである仮定法過去完了を英語で学ぶと下記のようになります。

一方、語学学校バックワイズでは日本語教材を使用します。同じく「高校英文法の仮定法過去完了について」ですが、理解度が全然違うのが一目瞭然かと思います。

語学学校バックワイズではこのように日本で販売されている有名参考書を使って、その上で毎週日本人教師のレッスンのサポートによって、中学3年生レベルの知識がある方であれば、3ヶ月の留学期間で高校英文法を一通り学び直せます。

英単語・英語表現を学ぶ教材は下記のレベルまで読めれば高校1年生レベルです。下記は赤毛のアンの著者(ルーシー・モード・モンゴメリ)についての記事です。日本人向け教材を使用しているため、日本人に馴染みが深い話題を取り扱っています。

本文の中に発音記号を多数書き込んでいる点にも注目下さい。語学学校バックワイズは発音矯正にも力を入れているため、英文法だけでなく、英語の発音についても学べます。

このようにして語学学校バックワイズでは

3ヶ月の語学留学で高校英文法を一通り習得できる。高校英文法に基づいた英会話が出来るようになる。

という学習目標を達成出来るようにしています。

高校英文法を学ばれた大学生の体験談は下記になります。

あわせて読みたい
英会話で「その場で考えて対応出来る瞬発力」を鍛えた大学生のMayuさん – バックワイズの標準的な... 留学期間: 4週間名前: Mayuさん 属性: 20代、女性、大学生 ※2年生終わりの春休みにフィリピン留学申込み時点の英語力: 英検2級取得済み。留学途中で受験したTOEIC模擬...
あわせて読みたい
2回目のフィリピン留学では英文法を日本語で学べるバックワイズを選んだShinsakuさん 名前: Shinsakuさん ※写真、左から2人目属性: 20代、男性、大学生申込み時点の英語力: TOEIC610点(L375, R235※)  ※Reading PartがListening Partよりも100点以上低い...

(3) 3ヶ月でTOEIC200点アップを目指す

語学学校バックワイズではTOEIC LR試験の公式問題集を使い、フィリピン人教師とのマンツーマンレッスンで英会話能力を高められます。その上でTOEIC試験の点数も短期間で大幅に高めることが出来ます。

日本人教師のレッスンでは下記のレッスンノートを使いながら「英文の品詞分解」「TOEIC試験の解放テクニック」を教授しています。

フィリピン人教師から学ぶのが困難な難易度が高いReading Partに関しても、語学学校バックワイズでは日本人教師と一緒に取り組みます。

日本人教師のレッスンによって、フィリピン留学ではこれまで出来なかったReading Partの点数も伸ばせるのが語学学校バックワイズの大きな特徴です。

(語学学校バックワイズで実現出来ること)

3ヶ月の語学留学でTOEIC200点を上げて、マンツーマンレッスンで英会話・英作文が出来るようになる

(4) TOEIC800点以上の上級者クラスでは実践的なニュースレッスンを実施

試験対策ではなく、英会話・英作文の能力を伸ばしたい上級者向けにはニュース記事を使ったレッスンを行っています。

※このニュースレッスンは易しい記事はTOEIC500点以上の中級者向けに、難易度が高い記事はTOEIC800点以上の上級者向けで実施しています。

TOEIC L&R試験やIELTS試験と相性が良いニュース記事を使ってレッスンを行っています。

下記は日本酒の獺祭がNew Yorkで発売された際のニュース記事です。

2023年10月に起きたイスラエル軍によるパレスチナ・ガザ地区侵攻といった最新の時事ニュースもレッスンでは取り上げます。

TOEIC800点を超える上級者の留学体験談は下記になります。

あわせて読みたい
転職活動の合間の4週間で200時間以上の英語学習を集中的に行った上級者のナオトさん ナオトさん ※写真中央の背の高い男性がナオトさん年齢: 30代職業: ITエンジニア申し込み時点の英語力: TOEIC800点以上留学期間:語学学校バックワイズ 4週間 【転職活...

他の語学学校では決して成し遂げられない学習目標

上記の語学学校バックワイズにしかない特徴によって、下記の学習目標を達成出来ます。

2ヶ月の語学留学で中学英文法をゼロから一通り習得できる。中学英文法に基づいた英会話が出来るようになる。

3ヶ月の語学留学で高校英文法を一通り習得できる。高校英文法に基づいた英会話が出来るようになる。

3ヶ月の語学留学でTOEIC200点を上げて、マンツーマンレッスンで英会話・英作文が出来るようになる

上記の学習目標はフィリピン留学の他の語学学校では決して成し遂げられないものばかりです。

語学学校バックワイズに語学留学をすれば、上記の目標が実現可能です。

バックワイズの学習カリキュラム総責任者である柴田 @HAL_J は10年以上フィリピンの語学学校に関わっています。その10年以上の経験を踏まえた最新の学習カリキュラムを語学学校バックワイズで提供しております。

バックワイズはフィリピンのマニラ・ケソン市に在ります。韓国人との共同経営です。

バックワイズの紹介動画

バックワイズ学習面の特徴についてまとめた動画を公開しています。約5分間の動画でバックワイズが他のフィリピン留学の語学学校とどう違うのかを確認出来ます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Backwise共同代表(塾長)・学習カリキュラム担当。
「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」の著者。自らも英文法・発音のレッスンを日々提供しています。
フィリピン留学の世界に2012年から関わっています。

コメント

コメント一覧 (6件)

目次